RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< なんという暴挙 | TOP | 暁けの明星 / CHRIS >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
the FIRST CHOICE / GWASHI


1.Intro (Don't Cry,Falling Down)
2.c-r-a-c-k-ER
3.Augasta9 feat.U.S.G! -Mr.Drunk Remix-
4.??? (1.2,1.2)
5.Moya Moya
6.AFTERNOON feat.S Ssoom! -TSUCHIE REMIX-
7.Uwoopa
8.Switch feat.Flip Flap (Light Trip)
9.A Lace Curtain feat.U.S.G! -4 Hero Jubilee Line Mix-
10.Fanta-Z feat.Rip Slyme (Slow Ride Babies)
11.Switch feat.Tomomimito (Organic Trip)
12.Outro (O-Va Scene)
13.PLAN OF GOCHAMAN



★★★★★★★★★★


「S」がひとつ減って微妙にグループ名を変更したGWASHIが遂に2000年にファーストフルを完成。AQUA-EXTRAとKtsu Kid's O.T.Bの作る無垢な世界観はそのままにラップ、トラック共に前作EPより数段レベルアップを果たし、不朽の名作に仕上がっている。同名映画のサントラ「NINE」に収録された「c-r-a-c-k-ER」については聴いた方も多いだろうが、こんなのこのアルバムではまだまだ序の口で、メインディッシュはこの曲が終わった後の怒涛の名曲パレードだ。「Augasta9 feat.U.S.G! -Mr.Drunk Remix-」は超マイナーコンピ「Candy Ass」に収録された、ネタ満載でストレートなHIPHOPを聴かせた原曲とは打って変わってMr.DRUNKが牧歌的に色付け。トラックの出来はどちらも素晴らしいものがあったが、ラップとの相性という点でこちらの方が完成度は数段上だ。前作収録の名曲をTSUCHIEがより真夏のドライブ仕様にスムースに仕上げた「AFTERNOON feat.S Ssoom! -TSUCHIE REMIX-」も原曲と互角に渡り合える出来。更に「Switch feat.Flip Flap」や「Switch feat.Tomomimito」で女性ヴォーカルとの意外な相性の良さを見せつけたかと思えばボーナストラックの「PLAN OF GOCHAMAN」では大胆なネタ使いの元ハードコアラッピンまで披露。(これが普通にカッコ良いから困る)ファンタジックなワンループの元、タイトなライムで魅せるRYO-Zから最後まで聴き応えあるマイクリレーを見せつけるブレイク寸前のRIPとのセッション「Fanta-Z」に至ってはRIPの外部仕事ではベストワークと評させて頂きたい。もちろん全面プロデュースしたU.S.G!と「UWOOPA」始め適切なカッティングで作品の流れを見事に誘導したSUGIYAMANの功績も忘れてはならない。クラシックの改悪としか言いようのない「A Lace Curtain feat.U.S.G! -4 Hero Jubilee Line Mix-」を除き、HIPHOPファンなら全曲聴くべき隠れた名盤だ。前作では不快極まりなかったSKITも今回はユニーク。
web拍手
13:59 | GWASSHI | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
13:59 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/122
トラックバック

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--