RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< RAPPAGARIYA /ラッパ我リヤ | TOP | DABO Presents B.M.W.-BABY MARIO WORLD-Vol.1 / DABO >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
Break Audio Dynamite / V.A.



1. 刺激的 / ラッパ我リヤ
2. Money T-rap / DOHZI-T feat.K DUB SHINE
3. to my men / CUE
4. welcome2000 / イノセンス
5. 怪VISION / アルファ
6. one for the what,two for the who / KICK THE CAN CREW
7. いきる運命 / DOHZI-T
8. ORIGINAL TOKYO / Justy Ace


★★★★★★★☆☆☆


今になって見てみれば、FG周辺とABCが一枚のCDにコンパイルされているという点で中々レアな一枚。完全に外部なのはどちらにも強いパイプを持つラッパ我リヤのみで、あとはお互いのクルーからほぼ均等に曲が提供されてます。そんな何かしらの想いがあったであろうコンピの中で初っ端から「アハアハ」とか歌ってアホノリに徹する我リヤ…。(ほっこりするところだよ)その後のABC&FG勢による流れは一転して真面目そのもの。中でもK-DUBとDOHZI-T(言うまでもなく童子-T)の記念すべき初タッグ「Money T-rap」が二曲目にしてこのアルバムにおけるハイライト。DOHZI-Tのラップも今みたいに声を作らず地声(要するにZINGI時代と同じ)。そして更に今の小節単位で流れを構築するフロウではなくビートに合わせてガシガシ韻を落としてくるスタイルを取っていて聴いてて素直に上手さが伝わってきます。K-DUBの言葉を吐き捨てるようなHOOKとアナーキーさ溢れるトラックも非常に魅力的。そして初めてKICK名義での外部参加となった、キャラ立ち三本マイククルー初お披露目「one for the what,two for the who」がダントツでこのアルバムのFG音源代表。後にシリーズ化されていく曲になるわけですが、当然ながらこの一作目が最高傑作。LITTLE、KREVAもさることながら「今度は爺ちゃんになってるかもね」の哀愁パンチライン一本で全て持っていったMCUの神がかりっぷりを堪能してください。他にも貴重なイノセンス名義音源「welcome2000」、かつてABCで活躍したJA飛龍のJusty Ace名義による「ORIGINAL TOKYO」も収録されているなど、FG、ABCにおいて露出が少なかったグループの空白を埋めるのに非常に役立つ一枚。先に絶賛した二曲以外取り立てて際立つ曲があるわけでもないけれど、今振り返ったときに沸く感慨深さからこの評価で。色んな意味で貴重。
web拍手
14:05 | V.A. | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
14:05 | - | - | -
コメント
JA飛龍は今でもABCだよ。
2008/03/05 2:18 PM by 影月
そうなんや!!
露出がないから抜けはったんかと…最近何してるんやろ??
2008/03/05 2:25 PM by 遼
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/100
トラックバック

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--