RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
BACK GAMMON / BACK GAMMON



1 intro
2 昇喜乱舞
3 イキナイキカタ
4 サイバー刃2000
5 韻スパイア
6 イキナイキカタ(マン山田remix)
7 BGM
8 昇喜乱舞REMIX feat.走馬党



★★★★★★★★☆☆





BACK GAMMONの登場。日本で最も男汁ほとばしるクルー、走馬党に所属しARK、GINRHYME DA VIBERATER、DJタナケンから成る走馬党ファンの間でも相当に人気の高いグループである。このミニアルバムはそんな彼ら名義でのCDデビューとなる作品。(因みにこれ以前に「JAPANESE HIPHOP Flava!2」に「撃破」が収録された。)もう発売から8年経つわけですが、それでもなお走馬党ファンなら外せないのがこのEP収録の「昇喜乱舞REMIX」でしょう。このミニアルバムが発表されたのは2000年。ラッパ我リヤも先のDRAGON ASHとの「Deep Impact」で人気に火がつき、MINE神-HOLDも丁度走馬党に加入した、まさに走馬党最盛期の頃のポッセカット。シンプルながらもとてつもない迫力のある土臭いビートで繰り広げられる洒落っ気など微塵もない漢達のラップ合戦。走馬党の八人の誰もが最高の出来のラップなので優劣付け難いが、やはり一人だけMVPを挙げるならARK。この曲のラストのヴァースを担当し、怒涛の高速ラップでこちらを圧倒する。ARKの巧さの真骨頂。この曲に関しては名曲と断言しても問題ないでしょう。他の曲も良い出来で、ポジティブなメッセージが気持ち良い「イキナイキカタ」、独特なトラックが嫌でも頭に残る「韻スパイア」、反対にシンプルながら黒いトラックにサンプリングのフックもカッコ良い「サイバー刃2000」など、中々楽しめる内容。しかしやはりこのミニアルバムの聴き所の八割は「昇喜乱舞REMIX」が占めているだろう。圧倒的な破壊力と男臭さが充満する曲。
これこれ、これが本物の「漢」ってもんですよ!!(二回目)
web拍手
09:45 | BACK GAMMON | comments(7) | trackbacks(0)
3rd eye Contact / BACKGAMMON


1.INTRO
2.Return Of B.G.M
3.GUERRILLA GROWING
4.韻類進化 feat.REALSTYLA
5.No Gimmic
6.迷宮組曲
7.スキット
8.天下無双 feat.M.O.S.A.D
9.いつ間にかノ
10.サンシャイン feat.LIBRO
11.煙奏 fear.MINE神-HOLD
12.親子GAME feat.INDEMORAL
13.HAND'S UP
14.同胞 feat.ラッパ我リヤ
15.サラブ列島



★★★★★★★★☆☆






走馬党の中で最も純粋なカッコ良さに長けているのがDJ TANEKEN、ARK、GINRHYME DA VIBELATERから成るこのBACKGAMMONだと思う。特にARKの韻を踏みまくりつつ緩急自在のフロウはリスナーからも評価が非常に高く、一部では熱狂的なファンもついている。実際この巧さは中堅的立ち位置では勿体無いくらいだ。がしかしこのアルバム辺りから彼の肺活量が急激に低下してるように感じれたりもする。更に最近では声質まで変わってきてしまった。「Return Of B.G.M」なんかはTANAKENの壮大なトラックに乗せて彼らの王道を行くアンセム的な楽曲であるが、ここでも1ヴァース目のARKは息継ぎに辛さが感じれたり。しかしその他の点で見ていけば走馬党ファン以外にも受ける彼らのカッコ良さが十分すぎるほど発揮されているアルバムではある。やたらめったら色んなアルバムに収録されている「GUERRILLA GROWING」はこの際置いといて、BACKGAMMONのみでの曲となると「No Gimmic」なんかも印象に残ってくる。特徴あるトラックでARKもスキルを魅せ付けてくれる曲。そして曲目を見るとその客演陣も目を引くと思うが、実際M.O.S.A.Dが殴りこんできた「天下無双」は三善氏の怒涛の押韻とMr.RRの高速ラップが完全にギャモンを喰った「韻類進化 feat.REALSTYLA」と並んで今作トップクラスのカッコ良さ。一人当たりのヴァースは短いがM.O.S.A.Dの面々が猛りまくっている。フロウで魅せてくれるEQUAL以上にいつもより更にオヤジ声なTOKONAの威圧感が凄い。改めてとてつもなくデカいMCだったと再認識。逆にLIBROとの「サンシャイン」はちょっとインパクトに欠けるかも。三善ビートとは相性が合わなかったかな。せわしない印象が残る。一方全員参加の仲良し走馬党勢は全員リリックに力が入っていて、特にSKIPPの「親子GAME」でのリリックは色んな意味でインパクト有り。たまにこの人はこの声、フロウでこんなエグイ事を言ってくるから聴き逃せない。総合的に見ればピンポイントでの小さな不満こそあれどアルバム全体に傷を付けるほど大きなものはなし。多様なゲストや特徴あるトラックと上手く絡み調理しきった。少しでも気になっているのなら買ってみて損はない。
web拍手
10:15 | BACK GAMMON | comments(8) | trackbacks(0)

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--