RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
Infinity-ムゲン- / IQ


1.グループホームレス
2.夢追い人 feat.ANTY the 紅乃壱
3.Reset feat.MUMMY-D
4.月光
5.ハナウタfeat.Keyco
6.KARUMA feat.OZROSAURUS
7.Runnin' feat.KASHI DA HANDSOME
8.笑っとけ!!
9.最後の晩餐 feat.RUDE&RICE(FUSION FANDATION)
10.サクラサク-1999 Original Mix- / FUSION CORE
11.同期de桜 feat.Mr.POW&DJ ANA
12.黄金の男feat.GOCCI(LUNCH TIME SPEAX)
13.Dear family pt.2 feat.U-key
14.∞


★★★★★★★★★

言葉をあくまで音としての解釈の下、感覚的なHIPHOPを体現したEL DORADOにおいて、FUSION COREはやはり異端であったと思う。有機的なリリックを破壊力に置換して、デタラメな公式の下それらの言葉(後にリスナーにパンチラインと読み取られる事になる)を刺激的に配置していく。感覚的なリリック解釈が主流だったそのまっただ中に居て、あくまで言葉の力、ユニークさにこだわった姿勢。ただそうして変態グループとして扱われるFUSION COREの代表曲、「コアの方舟」と「サクラサク」は共に優秀なメッセージソングだ。言葉のスイング方法を知っている彼らだからこそ、そのメッセージにも力を持たせる事が出来る。以来彼らの曲においてこうしたポジティヴなメッセージ性は欠かせないものとなる。とすればIQの1stアルバム「愛求」は正にその姿勢をより見える形で表したアルバムだったわけで、あれを「メジャーに取り込まれた」だとか「ただのポップス」みたいに評する意見は全く的外れだと思う。

ただその大部分を一人で行った「愛求」には、ストレートすぎるリリックと、コンセプトアルバムとして似た類の曲が多く収録されていることから、いくらか気恥ずかしく、全体としては淡白な印象を受けた方もいるはず。(というかオレがそうでした)それに比べて今作は前作と違い、変にそのコンセプトを前面に押し出さない事で作品としての纏まりと純HIPHOP的な魅力を再獲得した作りに。数多くのゲストとガチンコでの共演もかなり楽しめて、アルバムとして聴かせる事を重視した結果、本来のメッセージ性と作品としてのエンターテインメント性を備えたという点で前作を遥かに上回る作品になりました。

ゲスト参加の曲は本当にどれも外れが無くて全曲お勧めな出来栄え。MUMMY-Dの節回しが相変わらず凝ってる「RESET」、大陸的なトラックが強烈なインパクトを残し、MACCHOもキレキレな「KARUMA」なんかはリスナーの期待度に見事応えてくれる楽曲でしょう。しかしこれらの曲の完成度をも超える名曲が3つあります。まず「ハナウタ」。IQの前向きな世界観を「愛求」でも支えてきたKeycoとの共演ですが、前作の「サンセットビーチ」とはその出来は段違い。ソウルフルなKeycoの歌声の魅力がここまで発揮された曲って無かったと思う。そして「同期 de 桜」。これはもう遂に復活したパンチライン製造機、Mr.Powの暴れっぷりに尽きます。ベースがイカしたトラックに乗せて「母の性器から出て18年」「こんな僕大統領出来ません」などなど…過去の曲と比べても五指に入るグッドワーク。最後にGOCCIを迎えた「黄金の男」。タイトルまんまの熱い男泣きチューンです。DJ KENTのノスタルジックなトラックが印象的な名曲。

結局前作を遥かに上回る完成度でお腹一杯にして頂きました。ソロ曲がもう2曲くらいあれば良かったかな、なんて贅沢な悩みが出てくるくらい。このブログの熱心な読者の方なら、オレが絶賛するレビューの時は普段以上に冗長で纏まりのない文章になる事はご存知のはず。ならば最近の記事で群を抜いて劇的ロングなこのレビューから、その熱さを感じ取って下さい。いや〜良いアルバムでした。風呂入って寝よ。
web拍手
23:11 | IQ | comments(0) | -
IQ インタビュー


元FUSION COREのIQが6年ぶりとなるソロ二作目「Infinity-ムゲン-」を5月27日に発売!!
これまでのキャリアの集大成とも言える内容の今作、その熱い思いを聞いてきました。

・では今さらではありますが、IQさんの経歴についてお聞かせ下さい。
1999年にMC仁義氏主宰のライヴコンテスト「RHYME遊戯」で優勝して注目を集めておられたわけですが、このイベントはどのような内容、雰囲気だったんですか?また、あの強烈なメンツの方々とは現在でも係わりがあるんですか?


IQ:10年以上前の話ですがその1年前にもRHYMESTER主催のコンテストに出たんですよ。まだマイク持って1年も経たない頃で。その時のメンツがRIP SLYME/FLICK/ラッパ我リヤでボロ負けしたんです。 それで次の年仁義さん主催で審査員にRHYMESTERやZEEBRAさんがいるコンテストに出て必ず優勝しょうという思いでした。当時からライブ重視だったんでコンテストで優勝するとCD契約の話が来る恵まれた時代でした。最近はコンテストが減ってフリースタイルバトルが多くなってますよね?モチロンMCの原点として大切な事ですが作品やライブの精度を意識せず自主で誰でもリリース出来る今のシーンはリリースの敷居が下がったと思います。もっと夢のある契約に繋がる様なコンテストをレコード会社と俺よりもっと世代が上の重鎮が開いてくれないかな?とも思います。(RHYME遊戯のメンバーとは)現在はあまり会う機会がないので関わりは少ないですが会った時は話はしますね。

・2007年にRUDE氏と活動を再開したFUSION COREが今年まさかの活動休止との事ですが、どういった理由で活動休止に至ったのかお聞かせ下さい。また、復活の可能性は?

IQ:活動休止は俺がソロプロジェクトを始動させようと思ったからです。復活の可能性はないですね。

・では今回発売される2ndアルバムの話に。今回びっくりするような客演ラッパーの豪華さが目につきますが、このゲストはどうやって選んでいったんですか?

IQ:今までの経験やキャリアで自分が影響を受けた人物や盟友で尚且つ苦楽を共にした人物中心にオファーをしました。

・EL DORADOで轡を並べたKASHI DA HANDSOME氏、GOCCI氏と遂に楽曲で共演されたわけですが。

IQ:二人ともグループとしてライバルだったのでタイミングがあまりなかったのですが カシはカシの家でレコード選びから一緒にやって二人で久しぶりに遊んだ感じでした。GOCCIも同様コンセプト等色々話しましたね。黄金郷は健在です。親分もそう思ってると思いますよ。

・またMUMMY-D氏が「リセット」の中で「久しぶりにいっちょやっちゃいますか」「あの日流れたデモから何年経った?オレもお前もまだまだ不完全だった」と歌ってますが、以前にデモで共演されてたんですか?

IQ:競演はしてませんがラジオでFUSIONのdemoを流してくれてその番組で電話越しにFUSIONとRHYMESTERがフリースタイルをしました。その辺りからレコード会社と契約するまで早かったので、駆け出しの俺を売り込んでくれたのがRHYMESTERです。

・MACCHO氏とは「望ム」以来の共演となりましたが

IQ:MACCHOが初めてftしたのが俺だったんです。コンセプトはアイデアにもMACCHOにも俺から提案しました。当日は昔話に花が咲きました。

・1stアルバムにも参加したKeyco嬢とは改めて相性の良さを発揮しましたね。IQさんのソロアルバムには欠かせない方となっているのでしょうか?

IQ:Keycoは雰囲気が暖かくソウルを凄く感じるので俺のスタイルと凄く相性は良いです。Keycoにオファーする前からKENTと勝手にKeyco参加予定で作ってた位なんで。

・一番驚いたのがAnty The 紅乃壱氏だったんですが、どういった経緯で繋がったんですか?

IQ:アンチは曲を聞いて共感する所が特にリリックに多くあったのでレーベルに打診した所、繋がりがあり一発オッケーでした。

・遂に沈黙を破った、Mr.Pow氏の参加について。

IQ:彼とは高校からの同級生なのでアルバムで昔のFUSIONの感じを俺が体感出来たのが良かったですね。

・今回のアルバムにはFUSION CORE「SEXAPEAL」に収録されたクラシック「サクラサク-1999 Original Mix-」が収録されてますが、なぜ今回この曲を収録しようと思われたんですか?

IQ:サクラサクは今の若い世代の人達は知らないと思ったのとメッセージ性と言う部分でこんな時代だからこそもう1度届けたいと思ったからです。

・U-Key氏と家族への愛を歌った「Dear Family Pt.2」にも代表される通り、「愛求」の頃からIQさんは悲観的なリリックより、常にポジティヴな姿勢を貫いてますよね。このあたりへのこだわりなどはあるのでしょうか?

IQ:楽観的とは少し違うのですが悲観論ばかり言葉にすると現実的に悪い事が起きると思います。俺は余計な情報や周りの空気に左右されず転んでもそこには意味があるという様なリリックを意識はしてます。悲観的に俺の曲を聞いたらキレイ事に聞こえると思います。(今作Infinity-ムゲン-では)よりもっと自分の内面に目を向ける様にし自分の出来る事を確実に進める点においてシビアな部分が強く表れてくれたと思います。

・今後のIQ氏、FUSION FOUNDATIONの活動、リリース予定などについて教えて下さい。

IQ:みなそれぞれ個人で動いてる感じです。俺としては作品 ライブ 好奇心が尽きるまでやって行こうと思ってます。

・読者に一言!!

IQ:人それぞれ価値観は違うと思いますが俺の価値観を客観的に聞いて欲しい。1曲の何バースのリリックでも 見えない誰かの何かのキッカケになれば嬉しいです。

それが形として表れなくてもメッセージを発信した事が今自分としては満足してます。





Infinity-ムゲン- ¥2500
発売日: 2009/05/27
組枚数: 1
規格品番: ZQNE-1002
レーベル: プライエイド・レコーズ

1.グループホームレス
2.夢追い人 feat.ANTY the 紅乃壱
3.Reset feat.MUMMY-D
4.月光
5.ハナウタfeat.Keyco
6.KARUMA feat.OZROSAURUS
7.Runnin' feat.KASHI DA HANDSOME
8.笑っとけ!!
9.最後の晩餐 feat.RUDE&RICE(FUSION FANDATION)
10.サクラサク-1999 Original Mix- / FUSION CORE
11.同期de桜 feat.Mr.POW&DJ ANA
12.黄金の男 feat.GOCCI(LUNCH TIME SPEAX)
13.Dear family pt.2 feat.U-key
14.∞
web拍手
20:36 | IQ | comments(4) | -

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--