RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
OUTLET BLUES / NORIKIYO


1.GIMME SOME NEXT    
2.折れ鼻のメガネ    
3.RIAXIDE CITY DREAM feat. BRON-K   
4.ALL CITY BOMBING feat. OKI, HEADBANGERZ, カミカオル    
5.PYLAMIRE     
6.SKIT −実話へなちょこナックルズ−    
7.儲かるけど?   
8.運命 -SADAME- feat. 般若    
9.アウトレットブルース −蛇の道をゆく−   
10.REASON IS… feat. SEEDA   
11.RUN RUN RUN    
12.夜霧を吐いて feat. BRON-K    
13.HATE ME… feat. BES   
14.BAD & GOOD feat. 仙人掌

★★★★★★★★☆☆

1stソロアルバム「
EXIT」が各所で絶賛されたSDPの切り込み隊長・NORIKIYOの2ndアルバム。2008年8月20日発売。

儲かるけど?」のようなフィクションものを披露するあたりに新機軸を見出しつつ、基本的には「EXIT」と変わらず、そのリリックは自身のあまり余裕のない生活を軸に描かれる。大前提となるスタンスが前作と変わらないという意味で、その変化要素は主にトラックメイクが全曲B.Lの手に委ねられたところに求めることが出来るだろう。

下らない与太話や仲間への感謝などのリリックトピックと音がリンクする割合は減少したが、尖鋭化した機械的なB.Lビーツが、そのぶん音の取りこぼしの無いNORIKIYOのラップを引き立てる。トピックから純粋なラップスキルに比重を移動した本作は、さながら前作のリミックスアルバム的な色彩も帯びているとも言える。そしてその役割は、副次的に「REASON IS...
」でキレキレのSEEDAを引っ張り出したことからも、十二分に果たしたと言えるだろう。

はんぺんで例え話をする般若が思いの外元気がなかったり、「
ALL CITY BOMBING」のようなグダグダなマイクリレーがこの手のアルバムに収録される必要性を感じなかったりと、細かい部分での物足りなさは多少残る。しかしラップのスタンスを変えず、トラックを変えることで新たな光の当て方を導き出した本作の水準の高さはさすがノっているMCならではの勢いを感じる。

そして最後に述べておくと、NORIKIYO×B.Lという硬質な図式の本作に、2曲の参加曲だけで弾力性を与えたBRON-Kの貢献度は、前2者に劣らないほど大きい。「
RIAXIDE CITY DREAM」、「夜霧を吐いて」の2曲とも、NORIKIYOのせかせかしたラップとB.Lのカチカチした音に挟まれながら、BRON-Kは完全にブルーズをやってのけた。見事。

web拍手
02:40 | NORIKIYO | comments(4) | -
NORIKIYO / EXIT


1.INTRO :beatbox by KYN pro.SAC (SCARS)
2.RAIN :feat.SEEDA pro.大河 cut.DJ ISSO
3.DO MY THING :cut.DJ ISSO pro.ZIPSIES
4.いつもの話〜BUTTER〜 :feat. BRON-K.WAX&TKC pro.ZIPSIES
5.SKIT pro.I-DeA
6.黄昏公園 :cut.DJ ISSO pro.BACH LOGIC
7.23時各駅新宿 pro.BACH LOGIC
8.KANAGAWHAT 〜STAND UP〜 pro.FLAMMABLE
9.IN DA HOOD Pro.K-NERO
10.成田発 KUALA LUMPUR 2001 便 Pro.I-DeA
11.RODEO CHASIN' :feat.GANGSTATAKA(S.T)STICKY(SCARS) Pro.BACH LOGIC
12.2 FACE : feat.BES (SWANKY SWIPE) Pro.I-DeA
13.BULLSHIT :feat.SHIZOO Pro.BACH LOGIC
14.NEXT Pro.K-NERO


★★★★★★★★☆☆

既存の日本語でのラップスタイルとは一線を画す言葉の嵌め込み方。ダンス用語的に言うところの「音ハメ」と言えば丁度しっくりくるだろうか、とにかくラップに音の取りこぼしがない。その高水準のスキルにより止まることなく連射されてくる言葉が耳をロックする。そういう意味でラップアルバムとしてはかなり良く出来た代物で、最近のSDP周辺にハマっている方なら必ずといっていいほど満足できる出来だろう。曲単位で言えば共に旅情的なトラックで飛ばす快速チューン「DO MY THING 」と「IN DA HOOD」あたりが一際光り輝く。が、やはりBESを迎えI-DEAトラックであえて劇的に展開させる「2 FACE」が白眉だろう。冒頭でも述べた「音の取りこぼしがない」音ハメスタイルをとことん突き詰めたような素晴らしい曲だ。BESのノスタルジックなラップが最後に華を添える。あえて不満点を述べるとすれば実体験に基づいたリリック描写を標榜してはいるが、そのトピックからの帰着点にさほど幅がないことくらい。それでも純粋なラップアルバムとしては値段以上の価値を見出せる十分高い完成度の作品。

2007年COMPASS AWARDグランプリ作品
web拍手
19:31 | NORIKIYO | comments(0) | trackbacks(0)

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--