RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
暁けの明星 / CHRIS



1.Intro The Awaking
2.HEARTWAVE
3.Playin’ With My Mind
4.TOKYO
5.宴
6.願い事
7.明星
8.SKIT
9.蔓延る病魔
10.SKIT
11.REACH 2 DA SKY
12.普遍の誓い
13.どっち?
14.Spirit Guide feat. JiN
15.KICK DA SHIT feat.ALALAGI,三角K,MIKO,KUTTS



★★★★★★★☆☆☆


前作「LOVE or NOT」が無味乾燥、最早なんの感想も捻り出せないほど味気無い超絶的駄作だったため、客演にクレジットされているお気に入りのKUTTSの名前に惹かれながらも中々手が出せなかった一枚。CHRISというラッパーの能力が本当に全般において平均値でしかなくて何を聴いても悪くもないけど良くもない、という感想にしかならなかったわけだが、この2ndアルバムは化けたと思わされるくらい予想以上に良かった。これまでのオーソドックス「すぎる」スタイルは全く変わっていないが、トラック選びの幅、そしてその乗り方が格段に上手くなった。更にリリック描写も大きく変化。自己主張を信条とすること自体はそのままながら、その方向性が「自分の凄さを見せる」ことから「とにかく曝け出す」方向にシフト。結果前作と比べて数段リリックが活きている。半生の主にマイナスポイントに焦点をあてて綴る「Spirit Guide」はその変化が最も活きた曲だろう。外国人であるが故の辛さを描いた前半ヴァースの切なさは尋常じゃない。HIPHOPのリアルってこういうところでこそ大きく意味を成すものなんだと痛感させられる、今作のベスト。そしてなんといっても外せないのがラストの「Kick Da Shit」。KUTTS以外は全く知らないラッパー達だったが全員存分にスキルを見せつけてくれる。特にALALAGIのローテンションライミングは癖になってくる。MASTERKEYのトラックも若干音が薄っぺらいがノリ良いバウンスビートで当時の彼の仕事としてはかなりの上位クラス。ラストを飾るKUTTSは無論言うことなし。「さくっと行く?OK,たまんねー」たまんねーぜ!!唯一モロハーコーなナンバー「HEARTWAVE」やネット受けしそうなDISソング「蔓延る病魔」など前作とは比べものにならないくらい楽しめる一枚だ。CHRISに対して良い印象を持ってない方ほど楽しめるんじゃないかと。
web拍手
22:38 | CHRIS | comments(0) | trackbacks(0)

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--