RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
the FIRST CHOICE / GWASHI


1.Intro (Don't Cry,Falling Down)
2.c-r-a-c-k-ER
3.Augasta9 feat.U.S.G! -Mr.Drunk Remix-
4.??? (1.2,1.2)
5.Moya Moya
6.AFTERNOON feat.S Ssoom! -TSUCHIE REMIX-
7.Uwoopa
8.Switch feat.Flip Flap (Light Trip)
9.A Lace Curtain feat.U.S.G! -4 Hero Jubilee Line Mix-
10.Fanta-Z feat.Rip Slyme (Slow Ride Babies)
11.Switch feat.Tomomimito (Organic Trip)
12.Outro (O-Va Scene)
13.PLAN OF GOCHAMAN



★★★★★★★★★★


「S」がひとつ減って微妙にグループ名を変更したGWASHIが遂に2000年にファーストフルを完成。AQUA-EXTRAとKtsu Kid's O.T.Bの作る無垢な世界観はそのままにラップ、トラック共に前作EPより数段レベルアップを果たし、不朽の名作に仕上がっている。同名映画のサントラ「NINE」に収録された「c-r-a-c-k-ER」については聴いた方も多いだろうが、こんなのこのアルバムではまだまだ序の口で、メインディッシュはこの曲が終わった後の怒涛の名曲パレードだ。「Augasta9 feat.U.S.G! -Mr.Drunk Remix-」は超マイナーコンピ「Candy Ass」に収録された、ネタ満載でストレートなHIPHOPを聴かせた原曲とは打って変わってMr.DRUNKが牧歌的に色付け。トラックの出来はどちらも素晴らしいものがあったが、ラップとの相性という点でこちらの方が完成度は数段上だ。前作収録の名曲をTSUCHIEがより真夏のドライブ仕様にスムースに仕上げた「AFTERNOON feat.S Ssoom! -TSUCHIE REMIX-」も原曲と互角に渡り合える出来。更に「Switch feat.Flip Flap」や「Switch feat.Tomomimito」で女性ヴォーカルとの意外な相性の良さを見せつけたかと思えばボーナストラックの「PLAN OF GOCHAMAN」では大胆なネタ使いの元ハードコアラッピンまで披露。(これが普通にカッコ良いから困る)ファンタジックなワンループの元、タイトなライムで魅せるRYO-Zから最後まで聴き応えあるマイクリレーを見せつけるブレイク寸前のRIPとのセッション「Fanta-Z」に至ってはRIPの外部仕事ではベストワークと評させて頂きたい。もちろん全面プロデュースしたU.S.G!と「UWOOPA」始め適切なカッティングで作品の流れを見事に誘導したSUGIYAMANの功績も忘れてはならない。クラシックの改悪としか言いようのない「A Lace Curtain feat.U.S.G! -4 Hero Jubilee Line Mix-」を除き、HIPHOPファンなら全曲聴くべき隠れた名盤だ。前作では不快極まりなかったSKITも今回はユニーク。
web拍手
13:59 | GWASSHI | comments(0) | trackbacks(0)
The Marble cheddar EP /GWASHI
1.グワッシ・ザ・サウンドロゴ
2.うず
3ちゅっぱちゃっぷ
4.???
5.ノンシュガー
6.アイスティーブレイク
7.AFTERNOON feat. Sssoom
8.レースのカーテンfeat. U.S.G!
9.続く

★★★★★★★☆☆☆


AQUILA-EXTRAとKitsu Kid’s O.T.Bから成り90年代初頭からLBやGAS BOYS周辺で活動を続けてきたGWASSHIの、帯によると待望らしいファーストEP。「少年ジャンプキャラとでも言うべき小学生キャラっぷりでマンガチックな世界を発信!」という、その言葉の方がマンガチックな世界を発信していると思わされる最早何がなんだかわからない電波なキャッチコピーを背負ってラップする事になった彼らだが、中身はこれまでの活動から期待されるイメージをきっちり反映したタイトな内容。HIPHOPというジャンルにとかくつきまわりがちな悪意の全てを取り払ったような純真無垢な世界が広がる。荒削りながら妙に幼い声ではしゃぎまわるようにフロウする二人のラップもさることながら、やたら柔らかで高品質なトラック群が作品をより革新的に仕上げていく。初っ端のGWASSHIセルフproの「うず」の無邪気な雰囲気も十分独創的だが、U.S.G!プロデュースの楽曲がとにかく素晴らしい。特にスチャのクラシック「サマージャム’95」にも通じるような夏の終わりを感じさせる透明感溢れるトラックとSssoomの歌声がノスタルジックな雰囲気を演出する「アフタヌーン」の完成度はなんだ!!間違いなく過小評価の名曲。更にこちらもU.S.G!pro、こちらは全HIPHOPファン必聴の問答無用のクラシックである「レースのカーテン」も収録。神懸かったイントロから名曲の匂いがプンプン。ガヤでなんとOSUMIも参加。正直後世にも伝えられていくべきこの2つの名曲の為だけにも買う価値ありの好盤だ。その割にレイティングが低めなのはSKT「???」のみが原因。こんな破壊的なまでに意図も解らない不快なSKITは前代未聞。これがなけりゃ文句なしで名盤扱いなのに。
web拍手
17:53 | GWASSHI | comments(0) | trackbacks(0)

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--