RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
06 OUT SIDE / TOMOGEN



1.赤絨毯 -intro-
2.F.O.S.A. -06 Outside ver-
3.In Da Club feat.EMI MARIA ,GS(Doberman Inc) & 遊戯(韻踏合組合)
4.明くる日の午後 feat.JAY'ED,jazzy balze
5.Mega City 4 feat.Doberman Inc
6.モデルガン
7.Get Away feat.GOMA DA FLYBEATS(SUGA CRU)
8.T's Friday -Skit-
9.MILD 7
10.代弁
11.Amaguide
12.街から街
13.www -Wild Wild Waist- feat.DR. CONCHEEta, MOGGY(THE 9 FAR EAST), & 4WD(M.M.T)
14.West JP feat.Zetton
15.Boogie Woogie
16.Everything


★★★★★★☆☆☆☆



よくDOBERMAN INCはMCに個性がないとか言われるけど実際のところちゃんと聴けば個性ありまくりな面々で、特に脱退したMABとこのTOMOGENの個性は図抜けていると思う。(MABなんか韻踏にも劣らないくらいの怒涛のライミング数!!)TOMOGENはまぁぶっちゃけて言えば結構ナードなスタイルなわけで元々好き嫌いが別れるMCだと思う。ソロ作ともなるとその傾向が更に顕著に表われていて、割と人を選ぶ結果に。アクの強さが徹底的に抽出、凝縮された結果、今までMCの見分けが付かないとか言ってたリスナーほどその一本立ちしたラップに面食らう事になるだろう。BLトラックはあえて最小限に留め地元大阪のトラックメイカーを積極的に起用してはいるものの、ラップでの最終的な乗りこなし方は変わらないのでさしてその事による影響は無し。だがラップスタイルこそ特徴的だが、今作ではリリックの幅が極端に狭まってしっまい、具体的なテーマが設けられた曲以外はリリック面で印象に残りにくくなってしまった。結局最終的な出来としては可も不可もなくといったところかな。勿論D-ST勢が好きだったり、気楽にすんなり耳に入ってくる音を求める方なら割と満足できる出来。音とラップが相変わらず抵抗無く上手く組み合わさっているのでふとした時にBGMとして軽く流したくなるような、そんな不思議な魅力を持っている。DOBERMAN INC自体、最大の武器は実はこの点にある気もしますが。遂に遊戯を迎えた「In Da Club」やリリックが一番はっちゃけた我らが地元、尼崎賛歌「Amaguide」あたりは素直に聴き応えあり。シークレットトラックも結構良いよ!!
web拍手
23:17 | TOMOGEN | comments(0) | trackbacks(0)

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--