RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
GIP'FILE / GIPPER


1.I*N*T*R*O*
2.BONG 9 BOMB feat.KOZ〔S.T.M〕,大地 
3.Unchain 
4.Mr.PLAY BOYz feat.RICHEE,KG 
5.Stay Together feat.SAY
6.Luv Me Luv Me feat.MoNa a.k.a.SAD GIRL
7.MAGURO
8.Get Down!! feat.NORA
9.Still Dreaming feat.BIG RON
10.I wanna be a Rapsta -Smoothfull Remix- feat.U-lala 

★★★★★★★★☆☆


川崎・丸子を拠点に活動するファンク集団・NORAに所属し、舐めまわすようなスムースフロウを駆使するMC・GIPPERの3rdアルバム。2010年2月3日発売。

I*N*T*R*O*
」で "腐った人生デコる魔法 それがHIPHOP" と語る通り、GIPPERの本作は、これまでと同じく、ファンク色の強いパーティチューンとエロソングを中心に収録し、自らを嫌味の無い華やかさで彩った一枚だ。

NORAのトラックメイカーであるFuekiss!(PMXよりずっと凄いって!!ほんとに!!)によるトラックはINTROを含め5曲だが、その5曲はやはり高レベル。抜きのファンク感がたまらない煩悩ソング「
BONG 9 BOMB」から、音に上手く合わせたMonaの歌が凄く良い「Luv Me Luv Me」のような、Spearheadを思い起こさせるポップファンクまで手広く鳴らしてみせるその力量は流石だ。ポッセカット「Get Down」ではサウス調の高速トラックも用意。それら音の上を滑らかに流していくGIPPERのラップとの相性も、もちろん抜群だ。

それに比べるとOHLD、Sir Noiseといった初めて名前を知ったトラックメイカー達が手掛けた曲はいくらか落ちる。それでもKGのサビのノリが良い、Sir Noise作・「
Mr.PLAY BOYz」なんかは凄く楽しめるけれど。

HIPHOPとしては、何か斬新なところがあるわけでも、今後の日本のHIPHOPにおいて何か示唆するところがあるわけでもない。しかし、ひたすらにHIPHOPを楽しむ手段として消化するGIPER(ひいてはNORA)の作品は、とかく内向きで、上を向くにもまずは下を向いてからじゃないと、といった傾向の強いこの音楽においては、少なくとも僕にとってはある種の癒しになってもいる。「
I wanna be a Rapsta」でさんぴんキャンプから影響を受けたことを公言して憚らないGIPPERの楽しくてファンキーな楽曲群に、もっと多くのリスナーが触れてくれるといいな。


web拍手
10:23 | GIPPER | comments(0) | -
GIPP'ROCK / GIPPER



1. BRAND NEW...
2. TIME IS MONEYfeat.NEECH,MASCOTT BOY,U-LaLa
3. Ultimate party feat.U-LaLa
4. 1 NIGHT STANDfeat.BIG RON(SINGLE VERSION)
5. HOLIDAYfeat.MASA(SINGLE VERSION)
6. FM CHANNEL How To Game feat.DJ FILLMORE
7. Till Dawn(Natural high remix)feat.Jun
8. AH!Yeah!feat.TICKY D’TAC,YOZE
9. MID NIGHT SPECIAL
10. Too Much Young For Me
11. Carnival-skit-feat.SLIM YO-D&Dr.KORE
12. BAD BOYfeat.HYENA,TRIPPEN
13. Stay by my side feat.Jun,Destino
14. Bounce Boogie Bounce(DJ Ryuuki remix)
15. Outro



★★★★★★★★☆☆



所謂ウェッサイ系(NORAにおいては本人達の言葉を取ってBay Funkと言った方が適切なのだろうが)がどうにも幅広い層のリスナーのプロップスを得られない理由。それは他のスタイルよりも徹底的に本場のアティチュードの再現にこだわっている点だと思う。一般人が思い浮かべるヒップホップ像の典型のようなド派手な格好然り、金・女・車なリリックのトピック然り。そして徹底的にそこを意識する結果、トラックこそ高水準なものの肝心のラップの魅力がどうにもパッとしなかった。しかしこのGIPPERという男は違う。ズバ抜けたスキルと一度聴けば覚えられるスムースでいて舐め回すような強烈なフロウ。ウェッサイ系に逆風吹きつつある中、この程度の知名度で終わらせるには勿体無さ過ぎる魅力的なラッパーだ。そんな彼の1stアルバムだが、期待通り満足な出来。もう次期PMX候補なんちゃうかと思うFUEKISS!が中心となって提供するトラック群はどれもレベルが高く、初心者、女の子受けも抜群なスタイリッシュなものばかり。そこでラップするGIPPER、そのトピックは普通のウェッサイ系と変わらないブリンブリンなものばかりなのだが、圧倒的なスキルとユニークなリリックによって他とは段違いな聴き応え。期待通り最高にエロエロな内容を届けてくれる「1 NIGHT STAND」、一風変わった内容が面白い「Too Much Young For Me」、TRIPPENもユニークなリリックで魅せてくれる「BAD DAY」などこの男にしか創り出せない「西」の世界がここにある。文句の付ける点など特に見つからない、ウェッサイに対してネガティヴなイメージのある方にこそお勧めしたいアルバム。ラッパー次第でウェッサイはここまで面白くなるんだぜ!!聴いとけ!!
web拍手
12:16 | GIPPER | comments(0) | trackbacks(0)

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--