RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
THE TRUTH NO.X / t-Ace




1.THE TRUTH No.10
2.Mr.A.C.E.
3.オレは4.5
4.THE TRUTH pt.4 feat.QLIP,CHOICE&PAGE ONE
5.MAGNETIC feat.LUNCH TIME SPEAX&WOODSMAN
6.PORTABLE
7.THE TRUTH ANTHEM feat.CHOICE,O2,BIGFOOT,PAGE ONE OOCCI,ABNICE,TAD'SA,C.forl.T.S.,GO,&WOODSMAN
8.THE TRUTH feat.WOODSMAN
9.DON'T WORRY feat.BARKMAN&WOODSMAN
10.SKIT
11.FIRST STAR
12.MONSTAR
13.ONE COIN
14.JACK feat.WOODSMAN
15.SHORT COURSE-ABINCE
16.PROTECT DA CITY feat.LUNCH TIME SPEAX
17.CLAP YOUR HANDS
18.SPAGETTI HEAD-WOODSMAN
19.PROMISE



★★★★★★★★☆☆



茨木からの新たなる刺客、t-Aceが放った1stアルバム。曲間を排除したMIX-TAPEのような構成で曲が自然と耳に出入りしていく事で19曲という圧倒的ボリュームも余り気にならない。こういう構成をこの曲数でこなしていく以上、インパクトの薄い曲については何度か通して聴いただけでは本当に何の印象も湧かず、心まで音が届く事はなく聴き流してしまうが、19曲を疲れさせずに聴かせる事を考えれば一長一短か。その中でも一聴して耳につくのはやはりゲストを迎えた曲で、中でも「THE TRUTH pt.4」や「MAGNETIC」などのLTSにも通じるいぶし銀なカッコ良さを見せてくれる曲の印象が良い。飛びぬけて良い曲だとは思わずとも矢継ぎ早にマイクを廻していく「THE TRUTH ANTHEM」も聴き所のひとつだろう。t-Aceのソロ曲となると個人的には「FIRST STAR」やラストの「PROMISE」などのガンガンアゲてくタイプの曲とは正反対の、綺麗なトラックで自身の強い意志を吐き出していくメッセージ性溢れる曲の出来が良いと感じた。評価を高め続ける最近のアングラ系ラッパーとは違う、旧EL DORADO組やNITRO勢に通じるようなわかりやすいハードコアスタイルを取っていてストレートにカッコ良いHIPHOPを聴かせてくれるアルバムだ。全曲どれも手抜きなど感じられず総じて丁寧に創り上げられた印象を受ける。そのためどの曲も完成度が高く、聴く人各々で好きな曲は変わってきそう。本当に良く練り上げられていて、恐らくは現段階でのt-Aceの力量を余す事無く発揮する事が出来たアルバムであると思う。良くも悪くも$札を載せて「MAKE MONEY!!」と叫ぶ一昔前のメインストリームのようなハードコアなラップは少々前時代的に感じる事もあるが、これだけきちんと作ってストレートなカッコ良さをぶつけてくれればやっぱりカッコ良いと感じる。変に向こう寄りだとかで線引きする必要はやっぱりないだろう。ただ純ハードコアスタイルの後継者として申し分ないスキルを持ち合わせている彼ではあるが、高いスキルの上にプラスアルファされる独特の魅力が感じられず。既に瑕も付けず十二分に玉は磨けているので、後は玉に何かしらの色付けが出来れば完璧。この先シーンの中心に躍り出る事が出来るかどうかはそれにかかってきそう。
web拍手
14:18 | t-Ace | comments(4) | trackbacks(0)

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--