RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
SELL OUR SOUL / THA BLUE HERB



1.SHINE ON YOU CRAZY DIAMOND
2.天下二分の計(COAST 2 COAST)
3.ウルトラC
4.29 TO THINK
5.人斬り
6.路上
7.S.S.B
8.I'M PRIVATE ARMY
9.STILL STANDING IN THE BOG
10.BROTHER
11.SMILE WITH TEARS
12.サイの角のようにただ独り歩め



★★★★★★★★★☆




日本のシーンで様々な物議を醸し出した1stアルバム。その理由の一つが現行シーンに対する彼らの歯に衣着せぬ痛烈な叱咤であった。そんな外界に向けて強烈なメッセージを発していた彼らのパワーはこの2ndアルバムで自身の内面に向けられる事に。1stが外に向けて「口から発せられた音声としての声」であったとすればBOSSの内面性が強く描かれた今作には「声には出ていない彼の脳内の思想」をそのまま覗き見る事が出来る。覗き見た彼の世界はこちらの想像を遼に超える静かで熱い、青の炎が燃えさかっている。そのため強烈なパワーが360度に放たれていた1stから続けて聴くとそのあまりにも黒く静かな、彼の思想の暗黒の深淵にある種のとっつきづらさを覚えるかもしれない。がしかし逆に言えばBOSSの哲学性、そしてTBH独自の世界の描写具合は前作を遼に上回る。前半部分の山場である麻薬売人の生き様を描いた黒さ滲み出る「路上」は彼らの世界観のひとつの曲としての具現化とも言える。ストーリー物こそそのラッパーの「本当の語り口」が垣間見れるからだ。結果としてそのストーリー内容、そしてラストの衝撃もありファンの間でも人気の曲になった。そして個人的に推したいのは自分達と周りの人間とを描いた「STILL STANDING IN THE BOG」。ここに込められた熱いリリックはこの2ndアルバム中でも群を抜く。「−音楽は商品でしかないというのは最もだ−」からの一連のラインは彼らだけではなく全国の本気のラッパーが主張したいHIPHOPに対するスタンスを的確に描写した名ラインだろう。ラストを飾る「サイの角のようにただ独り歩め」にしても自らの内側をここまで熱くリスナーの耳に届けられる熱量はハンパじゃない。前作より更に深みが増しTBHを初めて聴くという方にはお薦めしないが「TBHとしてやりたい事」を存分に言えたのはこの2ndの方だろう。1stを聴いて、彼らの考えに共感してファンになった方ならこれを聴いて身震いしたのでは。彼らを感じれるという意味で個人的には1stより好きな大傑作。


web拍手
02:42 | THA BLUE HERB | comments(0) | trackbacks(0)

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--