RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
走馬党 SOHMATOH / 走馬党



1.イントロ
2.挑戦状 / ALL
3.THE BIGGEST CAMP/ALL
4.2ターンテーブル&マイクス / ARK、MINESIN-HOLD、SKIPP、Q、山田マン、三善/善三
5.炎 / MINESIN-HOLD、PAULEY、Q
6.ドリームジャンボ / Q、MINESIN-HOLD、ARK、SKIPP
7.WHY / 三善/善三、ARK、山田マン
8.夜と朝の間 / SKIPP、MINESIN-HOLD
9.愛 / 三善/善三、山田マン
10.CHANGE / ALL
11.やっぱ生 / SKIPP、三善/善三
12.コブラPT.2 / MINESIN-HOLD、ARK
13.ミナデパーティ / Q、MINESIN-HOLD、山田マン、ARK、SKIPP
14.STANCE / ARK、山田マン、PAULEY
15.HISTORY / ALL


★★★★★★★★★☆




「走馬党のメンバーが集まったアルバム」ではなく「走馬党というグループのアルバム」が作れている事に感服。それほどまでにアルバムの纏まりが良い。更にクルー単位での作品にも関わらず中盤に遠慮なく各々のアルバムに収録していたような社会的メッセージのある曲をぶっ込んでくる所にもどうしようもなく「走馬党」作品を感じさせる。中でもSKIPPとMINESINによる(こんな組み合わせもこのアルバムならでは!!)三善/善三の「よるとあさのあいだ」の続編的な曲である「夜と朝の間」の完成度の高さ。歌とラップの狭間でトラック上を優雅に舞うSKIPPとクールに気取るMINESINとが見事にマッチ。走馬党史上最もレベルの高いchill曲として猛プッシュしたい。そして声を大にして言いたいのがこの曲を筆頭としたMINEISNとPAULYの、これまでの走馬党音源ではとかく個性的な周りのメンバーの中に埋没しがちだった二人の獅子奮迅の活躍ぶりだ。そんな二人が共演した「炎」はリズムにガッチリ乗り切った二人がキレにキレているし、「CHANGE」でのMINESINのクールなカッコ良さは悶絶もん。今作から今までより一歩外したライミングを会得したように思えるPAULYの仕事としては「STANCE」も捨てがたい。PAULY以外のARKや山田マンもいい仕事で良曲。もちろん全員集合の曲での破壊力は言うまでもなく、「挑戦状」と「THE BIGGEST CAMP」は必聴だろう。前者はDJ TOSHIの走馬党仕様シンプルビーツに載せてのゴリ押し曲。ARKの高速ラップが圧巻。後者はもう構成の秀逸さでしょう。二曲とも名曲「走馬党GRANDPRIX」を彷彿させる純粋なパワー押しの楽曲。みんなこんなの待ってたでしょ??TANAKENがまた泣きのトラックを入れて壮大に締めてくれる「HISTORY」や「2ターンテーブル&マイクス」など、あまりにも良曲が多くとても紹介しきれない。とりあえず10年間の力を一気に開放したこのアルバムの凄まじさに触れてみてほしい。今まで興味なかった方でもクルー単位なら手を出しやすいんじゃないかな。とにかくこれは眉唾だろうが聴いてみてくれ!!これだけのアルバムを出してくれりゃぁ信者贔屓だなんだ気にせず手放しで絶賛できるってもんですよ、これ本当。
web拍手
22:25 | 走馬党 | comments(2) | trackbacks(0)

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--