RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
enter the Garage Vol.1 / ダースレイダー
 


1.WOOO!! DARTHREIDER 
2.GET FUNKY!!!! feat. ヨシピー・ダ・ガマ 
3.ママのアソコにKISSしな feat. GOUKI 
4.ON THE WALL 
5.JAPANESE WILDSTYLE feat. SITE, NORIKIYO 
6.明日に向かって撃て!! feat. RYUZO 
7.WHY WE BURN STILL ON THE RUN feat. GOCCI, GOUKI 
8.LIVE ON DIRECT 
9.世界最高のPARTY feat. INDARA, METEOR 
10.JAZZY HIPHOP IS DEAD feat. キリコ 
11.メイン奏者はMCだ! feat. キリコ 
12.謎の帽子いつも被った人物 feat. STERUSS 
13.MOONDANCE feat. MACSSY, MIHO 
14.NIGHTSUN 
15.CISCO 坂 feat. カルデラビスタ, ZEN-LA-ROCK


★★★★★★☆☆☆☆


2009年6月17日発売、日本のHIPHOPを一人で掻き回す男、ダースレイダーの5thアルバム。「自分が二十歳くらいの頃に聴いてたHIPHOPに回帰」する事を目指し、それを踏まえて「自分がいま聴きたいHIPHOPアルバムを目指したら今作「enter the Garage」になった」という。その結果として、客演陣を見てもRYUZOやガマ、NORIKIYOにZEN-LA-ROCKなどこれまでにない階層からの面々を迎え入れた作品になった。

でもなんだろう、物凄くつまらなかった。ダースレイダーのこれまでのアルバムは、溢れ出る音楽的欲求を本能だけで完成させたような1stアルバム「Garage Funk Theory」がブッ飛び過ぎてた一方で、その後の「ガレージ男の魂」から前作「俺ガレージ ORGANization」まではその激情をギリギリスタンダードなHIPHOP的解釈の下で理解出来る、つまりそこにかろうじてバランスと呼べるアンバランスさが成立していた。そのアルティメットな音楽欲求と一般的なHIPHOPが織り成す不協和音が最高にガレージ的かつ刺激的だった、というのは以前までのレビューでも触れてきた。でも今回は自分のルーツであるHIPHOPへの原点回帰を目指し、その枠内に音を落とし込んで、ゲストを決めて、テーマを決めていったという。なんて無駄な作業をしたんだ。その枠が無い所からなんのハーモニーも無いような上ネタとビートと言葉の力相撲(僕はそれをファンクと呼ぶ)を行って、ともすればダース自身しかその魅力がわからない、そんな劇場型オナニーアルバムでこそ彼の評価は高まってきたというのに、今回のアルバムでは自ら足枷を付け、あくせくHIPHOPに捧ぐためのアルバムを作ったという。とんだドMプレイ。

その結果トラックの平凡さが凄い。質が悪いとは言わない。がしかし、全てが規格内。以前の作品でのあの何が出てくるかわからない、闇鍋に無理矢理付き合わされているような刺激なんて存在しない音。「原点回帰を目指した、古き良き90年代のトラック」こんな誰もが見飽きたような、つまりこれをやってるごまんといるアーティストを説明する為の形式的な言葉で今回のトラックの説明は終える事が出来る。なにこのコピペしたみたいなファンク感、つまらなすぎ。

ゲストとダース、音との相性も決して良いものとは言えず、物凄く乗りにくそうなGOUKIが気の毒な「
ママのあそこにKISSしな」やSITEのよく1Verse任されたな、と思うようなラップの後にNORIKIYOが凄く凄くアレな、絶句もののラップをカマしてくれて、一番手のダースのHIPHOP愛溢れる出だしを台無しにしてくれる「JAPANESE WILD STYLE」を始め散々な出来の楽曲が並ぶ。「JAZZY HIPHOP IS DEAD」ではダースが説得力のある言い分を見せてくれるものの、続くキリコ(初めて聴きましたが酷いラップですね)がテーマの根本を揺るがすヴァースを聴かせてくれる。ダースのインタビューによるとこの曲は「アーティストに対してじゃなくて、音楽のジャンル分けだったりメディアに対しての批判なんだよね。」との事なのだが、キリコは思いっきりアーティスト批判。そのくせ「ミツザビーツはピース むしろガグルのファンだ」と曲中でエクスキューズしなきゃいけない隙の見せ具合にただただ絶句するばかり。

謎の帽子いつも被った人物」は従来のアルバムを踏襲するような突き抜けたHOOK「だけ」良かった。「CISCO坂」は東京の方の思い出ソングであろうぶんそれを考慮した印象ながらも、悪くはない。カルデラビスタの声が映えていた。というか彼は大抵の音の上で声が輝くなぁ。ただ好きなんだけど、この曲でのZEN-LA-ROCKは違和感ありありで不要だったと思う。唯一かなり惹かれた部分があるのが「MOONDANCE」。なんといっても黒まみれの声と立ち振る舞いで曲を艶やかに彩るシンガー、MACSSYが良かった。彼女の曲はもっと聴いてみたい、そう強く感じた一曲。まぁ最後に1stの頃のCOMA-CHIの劣化版みたいなMC MIHOのラップでげんなりするんだけど。

結局アルバムの中身に言及する際には一曲ごとつまみあげて評価するしか手法がないという点で、これまでの彼のアルバムに在ったとっちらかり感(これは良い意味で解釈してほしい)だけは感じられて、アルバム作りの際の芯だけは失われていないのが唯一の救い。普段の活動は本当に立派だし応援してるけど、自分のアルバムはこれまで通り80%の感覚と20%のバランス取りで製作してくれればいいんだよ!!前作最高の偶発的化学反応を生み出した「
WHY WE BURN ?」の各人のラップが、リミックスである「WHY WE BURN STILL ON THE RUN」でもその輝きをほとんど失っていないのが良い証拠でしょう。
web拍手
00:11 | ダースレイダー | comments(0) | -
俺ガレージ Organization / ダースレイダー
 


1.ORGANZM EXPRESS feat.THC CREW
2.DARKSIDE OF THE FORCE
3.「TACO社長(LIVE AT 全日本社長会議feat.太郎、YOSHI)
4.一瞬一秒をファンクしろ!ロックしろ!爆破しろ! feat.ガスケン
5.FRENCH CONNECTION
6.WHY WE BURN!? feat.GOCCI、GOUKI
7.NIGHT OF THE LIVING DEAD(腐った死体賛歌) feat.METEOR、PUNPEE / 「ORGAN SKIT」
8.MASTERPLAN feat.GRANDSLAM
9.ハネタハネラレタ feat.ラップマニアック
10.銀河系最大のテレビfeat.METEOR
11.WHO AM I?? feat.PONY、DEJI、DEFLO
12.元メジャー feat.真田人、DJオショウ
13.SOUL LADY
14.GOOD NIGHT、GOOD BYE
15.LIFE IS BEAUTIFUL feat.インダラ、環ROY、METEOR、KEN THE 390、EI-ONE、はなび、ガスケン、ATIUS、CUTE、チャカ・パーン


★★★★★★★★☆☆

アルバムが出る度にやたら派手なキャッチコピーに釣られて買って聴いてみれば、毎回彼のとっちらかった部屋を見せつけられたような感覚になったわけですが、今回も例外ではありませんでした。見事にごちゃってます。

例えばMUROのファンクイズムっていうのが「HIPHOPの上でファンクしてやるぜ!」って姿勢なのに対して、ダースのそれは極端に言ってしまえばその真逆な姿勢であることがほとんどで。「そのビートをそんなネタに合わせるの!?」みたいなカオス構成なトラックを作るもんだから変な化学反応を起こしておかしなことになる。当然そんなトラックに放り込まれるHIPHOP大好きMCズはどう対処していいかわからず、結果こちらもカオスなテンションでスピットしはじめるっていうカオススパイラル。自身のアルバムの五倍は元気溢れてるTHC CREWが拝める「ORGANZM EXPRES
」、キチガイMCズが水を得た魚の如く嬉々としてゾンビを語る「NIGHT OF THE LIVING DEAD」なんかはその最たる例。更にDEJIのフロウ巧者ぶりが冴える「WHO AM I??」にマイカ再結成でまさかの自虐ネタの「元メジャー」(真田人がほんと上手い)などとくればもう手がつけられません。

一方でビートありきで作られたトラックでダースとGOCCIそしてGOUKIがクソカッコ良くキックしてくれる大好評「WHY WE BURN?
」など、ストレートなHIPHOPもきちんと披露。まさかの"かんしゃママ"クラスの涙腺刺激チューン「GOOD NIGHT,GOOD BYE」はほんと言葉が感情を持っててグッとくるものがあります。ここから「だから人生は素晴らしい!!」と締める久々のメンバーアルバムでのポッセカット、「LIFE IS BEAUTIFUL」(細かいメンバーに突っ込んじゃダメだよ)までの流れがもう完璧。間違いなく現段階での彼のベストとなる作品。良作として名高いが悪ノリが過ぎた感もあった2ndをよりアーティスティックに昇華させた、堂々の4thアルバム完成です。
なぜ未だに燃えてるかって?聴けばイヤでもわかる。

web拍手
19:14 | ダースレイダー | comments(0) | -
ガレージ男の魂 / ダースレイダー




1.Dirty funky carpetride!!!
2.もうマイクを置くのか?
3.猿なら分かる
4.ギビトミ頂戴!!feat.COMA-CHI
5.倶楽部みゅーじっく
6.地球外生命体 Part 1&2 feat.METEOR
7.出口が入り道
8.長い髪
9.ちょっと待ってくださーい
10.マイルド7
11.はねたハネタ
12.お絵かき feat.カルデラビスタ
13.Can't get out of mexico
14.いろんな煙
15.不思議だな feat. LL COOL J太郎
16.ルイルイ feat.ILLREME, サイプレス上野
17.カレーライス feat. IWASA (Garblepoor!)
18.戯言2005
19.なにか…喰い物はないか?
20.ガレージ男の魂 feat.KEN THE 390, TARO SOUL, COMA-CHI



★★★★★★★☆☆☆





「言いてぇ事言うのがHIPHOPだろ」とは某渋谷のドン様(他KUTTS等)の言葉であるがそういう意味ではこれほどHIPHOPな作品はそう出逢えるもんじゃないのかも。自身の趣味、影響された音楽を余す事無くぶち込んだ雑多な一枚となった。「カレーライス」や「長い髪」、「はねたハネタ」なんかの開き直りっぷりは気持ちいいの一言。どんな彼のプロフィールを参考にするよりダースのインパクトが脳裏に無理矢理焼き付けられる。(特に「はねたハネタ」は面白い!!)様々な音楽をHIPHOPに取り入れたという点ではシャウトがインパクト大な「Dirty funky carpetride!!!」、「ギビトミ頂戴!!feat.COMA-CHI」なんかが挙げられる。そして絶対に外せないのはラストの「ガレージ男の魂」。アルバム中最も一般受けしやすく、且つこの中で最もカッコ良い。KENの相変わらずの上手さもさることながらTARO SOULは確変したかの如き活躍っぷり。アルバムタイトル、そしてラストを飾るのに相応しい曲だ。ただやはり先ほど述べたその強烈な個性の捺印、音楽性の闇鍋的なごちゃ混ぜ具合は流石に万人受けするものではないかもしれない。実際それが理由でダメレコファンの中でも彼に対する賛否両論が起こっている。(個人的にはこういう濃い暑苦しいラッパー大好きです)そういった中で更にこういう「我が道を行く」作品を出したというのは彼のリスナーに対しての彼の姿勢の明確化、「ダメレコ」括りではなく「ダースレイダー」に対するファンの獲得を狙ったアルバムなんじゃないかと思っている。これがダースレイダーの自らが影響された部分から恥部まで曝け出した「彼自身」だ。聴いて本当に好きになったヤツだけ付いて来いるべし。因みに僕は、行きます。ダースのファンなら十分楽しめる一枚。
でもここまで書いといて何ですが一番強烈な個性を見せてくれたのは「不思議だな」のLL COOL J太郎…って言ったら怒りますか??あれで笑ってしまった自分が情けない…。
web拍手
23:08 | ダースレイダー | comments(4) | trackbacks(0)
THE GARAGEFUNK THEORY / ダースレイダー 



1.IN TO THE HEAVY FUNK
2.GARAGEFUNKY
3.CHIMCHIM
4.地獄へ道連れfeat.ロイ
5.BIG FAT SOUL
6.the OTHASIDE
7.地球を呑むfeat.カルデラビスタ、メテオ
8.LIGHTMYFIRE
9.WARRIOR'S DRUM feat.太郎
10.リ:メイク リ:モデル
11.PASS THE MASH POTATOES
12.DUNGEON DRAGON feat.りんご
13.PRETTY THING
14.KICK A DOPE VERSE feat.ゴーキ



★★★★★★★☆☆☆





再発決定記念。ダースレイダーの2ndアルバムとなる今作。このアルバムから業界の非常識を常識にする1000円シリーズが始まった。りんごが爆発的に売れる前のこの頃はダメレコに関する認知というのは今よりかなり低くて、今作が発売された時も某掲示板でスレを建ててみたが殆どレスがつかなかった記憶がある。そこからの破竹の快進撃。そしてこのアルバムはまさしくダメレコの商業的な面だけではなく、音楽的な面でも原点と言える立ち位置にあると思う。ガレージ感溢れる(批判も多くあった)音質にファンクに「ド」がつくくらいのファンキーさ。曲調や彼のラップからは明るさを纏った徹底的な「黒さ」が噴き出てアルバム全体に充満している。こういったサウンドはハマれば絶対的な中毒性があるもので、このアルバムも例に漏れずどんどん病みつきになってくる。曲単位で言えばやはり比較的聴きやすい「GARAGEFUNKY」や「リ:メイク リ:モデル」、ロイの叫びフロウ絶頂期の「地獄へ道連れ」等が耳に残ってくる。黒さという意味では今作トップクラスの「地球を呑むfeat.カルデラビスタ、メテオ」も外せないところだが、一番強烈なインパクトを残していくのは不揃いのりんごが襲来した「DUNGEON DRAGON」だろう。KENのコミカルラップにヤラれて下さい。最近の各々が好きな音楽性を目指しているダメレコには感じられなくなったドープなドス黒さが漂う。結局はこれが彼らの出発点であり、音楽性の原点だろう。
因みに再発盤に収録されるボーナストラックは原盤のおまけCD-Rについていたものだが、「Garage Funky Remix feat.KEN THE 390,TARO SOUL」は必聴。逆に「MC on Hydra feat.ミュージッシャン,カルデラビスタ,チャカ・パーン,TARO,はなび,環ROY,EI-ONE,KEN THE 390」は余り過度の期待はしない方が吉。
web拍手
08:45 | ダースレイダー | comments(0) | trackbacks(0)

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--