RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
糸 / INDEMORAL




1.プライド
2.ROUTE INFINITY
3.CHECK MY WORD
4.ピカイチ feat.餓鬼RANGER
5.SUMMER TIME
6.@KABUKI
7.KURENAIスペシャル
8.ROOM -206102-
9.WWW feat.GAGLE
10.QUALITY CONTROL
11.PLAYGROUND feat.SOHMATOH ALLSTARS
12.オシバナ feat.MINESIN-HOLD
13.GET IT ON TONIGHT
14.365/7
15.TOKIO PRIVATE ZONE
16.糸 feat.DISRUGRAT



★★★★★★★★☆☆





走馬党の男臭さクールビズ担当部長INDEMORALのメジャー初アルバム。日本のシーン創世期からの超ベテランであるが、今まで何度も客演で怪演し話題をさらいながらも肝心の彼らのソロとなると聴ける音源は非常に少なかった。歌うようなフロウが気持ち良いSKIPP、男気溢れる脅威の連続ライミング男PAULEY。この二人のフルアルバムを待ち望んだファンは非常に多かった事だろう。そして遂に出たこのアルバム。走馬党において異色の聴きやすさは相変わらずで、走馬党が苦手な方でも問題なく聴ける良作だ。
ショートソングながら2MCの特徴出まくりな「プライド」に始まり、シングルで切られた他の走馬党勢には合いそうにないド派手なトラックで激しくぶっ放す「CHECK MY WORD」まで序盤でぶっ飛ばしまくり。餓鬼レン参加の「ピカイチ」はラップはいいけどトラックがちょっと迫力不足か。しかしポチョのキレ具合やSKIPPとYOSHIの掛け合い(二度と見られない可能性大)は聴く価値あり。全般に綺麗で音数が多い、派手なトラックが占めているので聴きやすさや纏まり具合は半端ない。その綺麗系のトラックが特に良い方向に表われているのがPAULYのソロ曲「KURENAIスペシャル」とSKIPPとGAGLEによる「WWW」だ。前者はPAULEYが未来の自分の子に向けて綴ったリリックが感動させてくれる。後者は言うまでもなくMITSUによるジャジーなトラックが良い。そんなトラックに慣れ親しんだHANGERと渡り合うSKIPPのスキルも流石といったところか。その一方で走馬党らしいコミカルな曲も織り交ぜてあり、PAULEYとMINESINが競演した「オシバナ」は二人の軟派なリリックがノリにノっている。珍しく弾けているMINESINがカッコ良い。
そして今作絶対に外せないのがラストに収録された表題曲でもある「糸」だ。切ない失恋のリリックをきちんとライミングしながら綴る二人に加えて、DISRUGRATのHOOKが泣かせる。正直HIPHOPでこんなに感動した曲は中々無い。二人の巧みなリリシストに最高の歌声が加わった、名曲として紹介させて頂く。
全般にみてちょっとメジャー寄りの音が多すぎる感もあるが、そういうトラックでも問題なく乗りこなせる二人なので問題はない。ただ唯一消化不良だったのが肝心のINDEMORALの二人のみでの曲にパンチのあるものが見つからなかった事。ソロ曲や客演曲、変則タッグの曲が多く、インディーズ時代の「PERSONAL HISTORY」に代わる彼らの代表曲が生まれることは無かった。それでもこの聴きやすくカッコ良いアルバムは十分高評価に値する。やっぱりこの二人は走馬党嫌いの方こそよりハマるんじゃないかな。キレイなHIPHOPが聴きたければ是非。
web拍手
18:00 | INDEMORAL | comments(4) | trackbacks(0)

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--