RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
DOOBEEIS / DOOBEEIS


1.BLACK BOARD
2.BLUE SHIT
3MEET SEX
4.FOOD
5.SUNSHINE BLEEZE
6.CRAZY NIGHT
7.CRAZY NIGHTRO
8.LONG FOREST
9.PURPLE RAIN
10.SEX BUS
11.ASS HOLE
12.MARIACCHIE
13.WATER ROOM feat.CHIYORI
14.GET HIGH CALL
15.WEWING
16.TAILS UP

★★★★★★★☆☆

KILOとのGoodfellaz解散後、CAMELBACK、O LA WU-TANGなどの一員として活動を続けてきたGOUKIと、THINK TANK率いるBLACK SMOKER RECORDS所属・Garblepoor!のMCとしてならすHIDENKAによるユニット・DOOBEEISの1stアルバム。老舗FILEレコードより、2010年12月17日発売。

どちらかと言えば、音楽的にはGOUKIの取り分よりも、HIDENKAによるGarblepoor!やTengokuplanworldの経験が多くつぎ込まれた作品と言えそうだ。DJ ITAOやTPWが共犯となってアブストラクトなビートの上に王道なサンプリングを施し、混濁の中で清流を紡ぐような、澄清で病んだ音色の数々が本作の多くを構成する。

そこに乗る2人のラップは相変わらず職人的な巧さを備える。しかし、リリックが意図的に断片的なものであるため、こういう「全部見せない」ことにアートを見出すような作品性が、HIPHOPヘッズの中でも万人受けするものでないことは明白だ。

日常の何気ない場面を言葉に収めて、壊して、再構築して、芸術にする。その日常のサンプリングによる破壊⇔想像(創造)活動に間違いなくHIPHOPは埋まったし、HIPHOPに日常は埋まった。ある意味かなり裏技ながら、本作はどの日常描写型のラッパーよりもHIPHOPと自らの日常の親和性を高めたとも言えるだろう。従って、曰く "想像を掻き立てるような音楽" を目指したその目的は間違いなく達成されている。しかし、だからこそこういう作品については、具体的な言葉を並べ立てて読者の方のイメージを固定してしまえばしまうほど、その成功した意図を侵害することになる。よって、「BLACK BOARD」、実験を全て詰め込んだ、本作を1曲に纏めたようなドゥームな長尺曲「Long Forest」、感覚主義の極み「Ass Hole」、散々聴き手を振り回しながら勝手に音楽享楽主義に果てる「WATER ROOM」辺りは特に良かった。これ以上はもう言わない。

結局、目的を完遂したからこそ、そのリリックに深く感銘を受けることも、聴いてて楽しくなることも、カッコ良さにドカンと打ちのめされることも無い。しかし、確かな技術と熱量のもとに変化球と抽象性だけで仕立てた本作は、ただ流れるだけで、そこにある色んなものを芸術に見せる柔らかな音楽だ。

なお、2011年2月11日には、ダブバンド・BOOTが本作を更に再解釈、再構築し直したリミックスアルバム『9th Dope』がリリースされる。DOOBEEISが、リスナーの感覚に更にスパイスを加えようと暗躍を続ける。

補論:
結局DOOBEEISがツボにハマったのは、イマジネーションのHIPHOPだからだと思う。フロウが発展するにつれて90年代の脚韻式は言葉足らずでリズムがないものとして淘汰され、日本語を無理なく詰め込めるフロウの潮流で、HIPHOPはより「自己を語る」ことに適した音楽になった。

それを武器に一気にパーソナルラップが台頭してきたわけだけど、フロウの発展に伴いそのリリックが具体的な描写を重視するにつれて、HIPHOPはどんどん聴き手にイマジンが必要な音楽ではなくなっていった。

そういう「言葉を伝えること」が出来るラップこそがさもHIPHOP的であるとされるような現代にあって、あえてその言葉を意図的に切り貼りし、聴き手の感覚を刺激しようとしたDOOBEEISのアルバムは、だからこそアートだし、イマジネーションのHIPHOPだと思う。

よって、まるごと現行のHIPHOPの特性を逆手にとって投げ返したみたいなこのアルバムは、難解だけど痛快で、日本語がラップに適応するにつれて反比例的に得てしまう芸術的(イマジネーション的)な弱点を補完するアルバムなのです。

2011/1/31 twitterの呟きより抜粋・一部改変

web拍手
18:46 | DOOBEEIS | comments(3) | -

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--