RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
THE SPECIAL BALL 2 / BALLERS


1.I.C.E.B.E.R.G.STEPS Party
2.Just gimme
3.Damn men
4.Diva
5.skit
6.Candy girl

★★★★★☆☆☆☆☆

EQUAL、AKIRA、SYGNAL、WATT、MC JUNといった名古屋のハードコアラッパー達が集結したクルー・BALLERSによる3連作ミニアルバムの第2弾。2006年11月22日発売。

SYGNALソロアルバム発売の頃までの名古屋ブーム以後に出てきたラッパーは本当にキャラも立っておらず、従って「I.C.E.B.E.R.G. STEPS Party」や「Just gimme」はマイクリレーというよりまとめて叩き売りのような状態になっているのが実情だ。相変わらずの名古屋印のイケイケトラックでもこの迫力不足は補い切れず、新鮮味もなければいつも通りの勢いもないという、壮大なコケ方をしてしまっている。

I.C.E.B.E.R.G. STEPS Party」では一人気を吐いていたAKIRAも、ソロの「Diva」ではMURO『32 Blocks Party』収録「Do Me Baby」の劣化版のような冗長なラップをするばかり。サビでのプリメラのメロディはまだ良かったのだけれど。

WATTソロの「Damn men」もEqualらがやってきたことを切磋なく再提示しているだけの曲であり、名古屋にハマった方ほど迫力が薄れるというジレンマに陥る。リリックでどうこうするタイプではないのに、陳腐な比喩表現を織り交ぜグダグダになってしまった「Candy girl」で本作は幕を閉じる。

別にこの手のHIPHOPは嫌いじゃない(むしろ好き)けれど、クルーの意図も、作品の意図もわからないまま、ポリシーのない中途半端な実験に付き合わされたような気しかしない。名古屋のこの辺のメンツは紋切り型であれど一定のラインは超えてくると思っていたので、総力を結集したはずの本作で、ここまで全く良いところなく終わるとは予想だにしなかった。


web拍手
16:50 | BALLERS | comments(0) | -

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--