RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
Green Sounds / TATE&MARKIE


1.Stand by me 
2.しろつめ草 
3.Life Goes On 
4.OH MY GOOD!? 
5.Life Is Show feat.GAGLE
6.HIKARI 
7.青い鳥 
8.風と共に叫ぶ 
9.Free? 
10.喜びの唄 

★★★★★★☆☆☆☆

青森出身のMCで、KUTTSと共に『夜光虫』としても活動していたTATEと、山形出身のMARKIEによるユニットの1stアルバム。2004年9月8日発売。

いわゆるポップス寄りのHIPHOP。夜光虫経由でTATEを辿ってこのグループに行き着いた方が大半だと思うが、本作はMARKIEのメロディセンスと歌声に支えられている所が大きい。「Stand by me」での歌声とかほんとすてき。HIPHOPフィールドでは馴染みの薄いプロデューサー達によるトラックも、ド派手に装飾を施した下世話なものではなく、ポップな色付けながらも全くうんざりせずに聴ける。

こうしたことから、すこぶるサビのクオリティが高い。MARKIEがTATEに対するサビ指導も行ったのではないかと推測するが、当時あちこちで耳にした先述の「
Stand by me」(PVも良い)やm-floライクなダンサンブル「しろつめ草」、やっぱりゴージャス感のない丁寧さが耳に優しい「風と共に叫ぶ」など、ほぼ例外なく2人で作るサビに、このグループの魅力がある。

ただ、裏返せば残念ながらTATEのラップが活かされている部分がそう多くないということでもあるのだけれど。健全なリリックは嫌味無く耳に届くけれど、うわずった声でのよたつきがちなラップが、曲によっては音として浮いている部分も散見される。ただ、ラップの部分で多少改良の余地があるとしても、それを補えるだけの健全なメロディの心地良さが本作には溢れている。ポップ寄りのHIPHOPに特に抵抗の無い方なら、サビや各所のメロディがクオリティを底上げしていることで一定の満足は得られる作品だろう。もちろんヘッズのためにGAGLEを呼んで、いかにもDJ MITSU THE BEATS作なピアノの上で織りなす「
Life Is Show」なども用意されている。HOOKも請け負ったHUNGERが遠慮なく全部たいらげちゃってるけど。GAGLEでやれ。

web拍手
23:34 | TATE&MARKIE | comments(0) | -

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--