RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
SOUNDTRACK TO THE BEDTOWN / DINARY DELTA FORCE


1.D (1.219mhz)
2.WITH THE DOPESOUND
3.BLACK BLAQ FRIDAY
4.CLIMB CITY (闘争のテーマ)
5.KOOL
6.ザ・イルエストブラザー'07
7.WEESKY PARK
8.DUSTY HUSKY (SHOUT)
9.RETURN TO THE CLASSIC
10.牛糞
11.NO TITLE
12.$5 FINGER OF METH
13.SEGA FRONT
14.BED TOWN ANTHEM
15.REAL LIVES
16.OUTRO

★★★★★★★★
☆☆

DINARY DELTA FORCEは神奈川県藤沢市で活動するRHYME BOYA、 N.I.K.E a.k.a DUSTY HUSKY, ROMELICA a.k.a CALLY WALTER, 祭SP a.k.a SHAKA DA HUSTLERの4人組。2001年に結成して以降、本作が初の全国発売のアルバムとなる。2010年8月4日発売。

準メンバーともいえるNAGMATICがほとんどを手掛けるトラックとそこに乗るラップは、リスペクト溢れる「
D(1.219mhz」を10秒も聴けばわかる通り、90年代のラグドな手触り。バトルで名を馳せるRHYME BOYAが "なんとかキャンプはもういい"(「CLIMB CITY
」) と宣言し、メンバーの総意としてインタビューでは "90年代のスメルというよりも、2010年に出た新譜として聴いてほしい" と語る。でも同時に "今のHIPHOPが退屈だと感じてる若い子に聴いてほしい" とも語り、そこには90年代のHIPHOPへの明確な拘泥が見て取れる。そうである以上どうしても本作は「90年代HIPHOPを下地にしたアルバム」であって、懐古臭は拭い切れない。また、「90年代的」とフィールドが規定される以上、この手のHIPHOPはその枠内でしか動けず、故に「誰も聴いたことのない」という意味での、音楽性の垂直的な進歩は望めそうにない。

これは批判ではない。HIPHOPの音楽性を広げていくのは、その時代時代で最先端を走り、音を広げる者、日本ならたとえばZEEBRAやKREVAなんかだ。彼らはこの「90年代的なHIPHOP」から、サイバーなダンスミュージックまでを自らの作品で味わい尽くしている。後追いの若者はその中から自らが最も感銘を受けたタイプを選び、そのジャンルを突き詰めていく。その掘り師のような活動には音楽性が垂直的に成長する素地はほとんど残されていないが、一刻も早く更なる時代へ先んじようとする「先駆者」達が咲かせて見せた花壇を、より多様な色の花々で、一面の花畑に広げて見せるのが彼らだ。そこには音楽性の進化を求めず、ただひたすらにそのタイプの音楽への愛だけで水を注ぐ、その種の音楽におけるサラブレッド達の熱意がある。先駆者と懐古する後追い組、音楽を高めるのは両者とも変わらない。

長くなったが、要するに言いたいのは、この90年代フレイヴァを突き詰めようとするDINARY DELTA FORCEは、その愚直さ故に新鮮味を微塵も纏っていないが、その愚直さ故に90年代HIPHOP直径のサラブレッドたる実力を纏っているということだ。偉人達のラップを背にあの頃特有の、健康的な音の沈み方を見せる「
WIHTH THE DOPE SOUND」、オールドスクールノリを下地に快速マイクリレーを見せる「「CLIMB CITY」を始め、完全に「わかってる」やり口がニクい。

中でもROMELICAは良い。正直本作を聴くまでは、DINARY DELTA FORCEと言えばRHYME BOYAをかろうじて知っているくらいのものだった。しかし、そのRHYME BOYAと共に中高音を担当するROMELICAのフロウ巧者ぶりがそこかしこで光る。中でも本作最重要曲「
BED TOWN ANTHEM」でのヴァースは、演出効果の上手さもあって、ヴァース単位で言えば2010年上半期の作品で一番好きかも知れない。キャラクターそれ自体を個性として見せるのではなく、あくまで深く潜ろうとする音に寄り添い、その中で自らの色を加えて中毒性を醸す。この手のHIPHOPを求めているリスナーが欲しいのはどんなラップかツボをとことん知り尽くした、決め所を全てドカンと決めてくる心憎いまでの快作だ。Ghost Face KillahやBuckshottのシャウトが入ってるなんてのはあくまでもツマ。

web拍手
00:39 | DINARY DELTA FORCE | comments(4) | -

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--