RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
TAIL OF OLD NICK / DJ HASEBE


1.OPENING 
2.OLD NICK BLUES feat.SHAKKAZOMBIE
3.XAVIER(OLD NICK ver.)feat.キエるマキュウ&sugar soul 
4.Red Hot Shoes(OLD NICK ver.)feat.BONNIE PINK
5.Super Players2 feat.Karl Denson
6.DJ IS A GOD(OLD NICK vs DOUG E.FLESH) 
7.Shotcaller feat.LUNCH TIME SPEAX
8.Love can’t wait(OLD NICK ver.) feat.LISA
9.Take Me In(OLD NICK ver.) feat.BONNIE PINK
10.Love Song feat.BIZ MARKIE
11.Get Out!(OLD NICK ver.)feat.BONNIE PINK&VERBAL
12.moog like a cool(OLD NICK ver.)
 

★★★★★★★☆☆☆

MASTEREMIND feat.ZEEBRA,MUMMY-D」を収録した前作「HEY WORLD」以来2年ぶりとなる2ndアルバム。2002年7月10日発売。

バイキンマンの声優・中尾隆聖による「OPENING
」での意地悪な語りで幕を開けたときはどんなひねたアルバムになってるんだろうと思った。が、蓋を開けてみれば、自身のルーツに忠実な、とことん明るく突き抜けたダンサンブルトラックがズラリと並ぶ陽気な一枚だ。

初心者でも入り易いR&Bアプローチのキャッチーな曲が並ぶ中で、2曲にソロ参加のBONNIE PINKが作中の雰囲気をグッと引き締めている。特に「
Take Me In」は大人の香り。後に続く、一人HIPHOP男・BIZ MARKIEがビックリするくらいまともなラブソングに仕立てたムーディな「Love Song」へ上手く繋がっている。KASHI DA HANDSOME参加ヴァージョンが出回っているとはいえ、LTSのラップ巧者ぶりを見せ付ける「Shotcaller」も、当時各所で話題になっていた通りの出来だ。キエるマキュウ&sugar soulとのミドル全開な「XAVIER」も、3人というよりCQの一人舞台だが、ゴキゲンなドライブみたいな雰囲気が良い。

しかし数々のビッグゲストを上回る勢いで登場し、アルバムの出鼻で全部食い荒らしたのが「
OLD NICK BLUES」でのIGNITION MAN。スピットするラップを見せる時の彼は、キザでニヒルで、本当にクール。全部似たような意味だけど、全部使わせて!!カッコいいから!!

web拍手
20:41 | DJ HASEBE | comments(3) | -

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--