RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
GOLD EXPERIENCE / WOLF PACK


1.Osaka of The Dead -大阪ゾンビ-    
2.GOLD EXPERIENCE    
3.恐怖!月光闇打ち電流爆笑デスマッチ feat.サイプレス上野   
4.涙目www    
5.人造人間ロボ    
6.なけなしの唄   
7.GOLD EXPERIENCE requiem
8.トロピカル feat.Moggy & Emi Maria (BONUS TRACK)  
9.SHOW TIME (BONUS TRACK:阪神タイガース平野選手入場曲)


★★★★★★☆☆☆☆

大阪で活動を続けるVolfgungとU-SkeyによるWolf Packの3rdアルバム。2008年7月23日発売。

評判の高いライブで聴けばきっと何倍も楽しくなるんだろうなとは感じながらも、音源のみで聴くとその立ち位置の中途半端さが気にかかって仕方がない。タイトルやジャケットからは1st「
GERGON FILE」の頃とは似ても似つかないコミカルラップを連想するが、中身はサウンド、ラップ共に想像以上にハード。しかしその中に弛緩剤的なユーモラスリリックなのか、狙いにきたギャグなのか判断しかねるワードが散見され、どういったHIPHOPを目指しているのかわからなくなる。もちろん両方のスタンスを組み入れることは何も悪くは無いのだけれど、本作には勤勉な人間がウケを狙おうと無理しておどけたときのような、反応に困る雰囲気が漂う。

とはいえFocusから発売しているアルバムらしい尖った曲に関しては、スキルフルな2人のラップが存分に活かされることで素直に「カッコ良い」と言える出来となっている。ジョジョモチーフの「
GOLD EXPERIENCE」や、自らの音楽的技法を凝らしに凝らした大作「GOLD EXPERIENCE REQUIEM」などは一定の水準を確保。特に一際目立つガラ声をラップから歌まで器用にこなすUS-Keyの技量はさすがだ。
web拍手
22:54 | WOLF PACK | comments(0) | -

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--