RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
RED EYE CONTACT / TAK THE CODONA
4526180016281[1].jpg

1.chill step  
2.きせかえカメレオン feat.OLIVE OIL  
3.きびだんご   
4.BOLD LINE   
5.臆病風とともに去りぬ    
6.パパのおしごと   
7.Night Club,Night Mare featSHOWHACH    
8.GREEN DAYO!   
9.幕の内 feat.MONJU   
10.Marking Here   
11.Knowledge feat.YUKI  
12.へそくり  
13.トライアスロン feat.YASURI 
14.カシミサ220でくるんで捨てる feat.ASA  
15.あっぷりけ


★★★★★★★☆☆☆


TAK THE CODONAの2ndアルバム。2008年8月23日発売。

アブストHIPHOPのチュートリアルみたいな「
chill step」を経て始まる本作の54分には、ガラクタ部品が所狭しと並ぶオンボロラボで作られた、ありあわせのパーツで出来たロボットのような面白さが詰まっている。通りの良い声でドスドスと耳に残るリリックを突き刺してくるTAK THE CODONAのラップには、DJ NAPEY「NAP TRAP!」収録「今宵のミラーボールのように」で初めて触れたのだけれど、サウンドもここまで面白いとは予想だにしてなかった。 "お前の手持ちの サンプリングソースでもオレならブッ飛んだシークエンスが組める" のリリックは本当だったんだ。

変則アラビアンのインスト「
GREEN DAYO!」やMONJUと重厚なマイクパスを聴かせる「幕の内」など、正に手持ちの武器の中でやりくりしたような、音のあり合わせ感が凄くデタラメで面白い。アンダーグラウンドであることを目指して頑張ってリアル追及しているアーティストよりも、己の使えるオプションがそのままアンダーグラウンドなサウンドに繋がっているという点で、ごく自然体で嫌味の無いトリッキーなアルバムに仕上がっている。

きびだんご」、「へそくり」、「あっぷりけ」などひらがなタイトルの曲でユーモアある立ち居振る舞いを見せたかと思えば、なんてことはないメッセージ(あれがめんどくせーとか、オレは半端無いMCなんだとか)をそのワードチョイスでドスンとカッコ良く聴かせる。サウンドにしてもラップにしても、ここまで器量のあるアーティストとは知らなかった。飛び抜けた一発があるわけではないが、凄く面白い音楽を聴かせて頂きました。

web拍手
23:28 | TAK THE CODONA | comments(0) | -

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--