RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
東京哀歌 / 空也MC


1.Intro
2.Silver&SevenCollars
3.東京哀歌‐トウキョウエレジイ‐
4.SecretSpace Merry-Go-Round
5.SISTER&BROTHER -Fragment Remix-
6.Skit-PianoSolo1-
7.半Door feat.磯友.オロカモノポテチ.GRACE
8.RockSteady feat.ナビゲーター.CASPER.TKda黒ぶち.KMC
9.Skit-PianoSolo2-
10.全ての出口に繋がる今日 feat.角膜釈迦(カクマクシャカ)
11.左胸ノ君ニ告グ
12.Majoritym Minority
feat.MCゆうや(RESISTANCE).炎鬼.ぎっちょ.空也MC.只単二.CASPER.雨降.雷幻
(RESISTANCE).OMEGA12(RESISTANCE).JAQAL(RESISTANCE).ハイビスカス.於菟也 (RESISTANCE). GANMA(RESISTANCE).ANCLL.KEI(鬼一 家).ZONE THE DARKNES.Kool零式.VOLO.MC401(IROHAcrew).迷子. SALPHA(03CALIENTE).WEEDa,k,a,JAPAN.IS(RealAct).KAZUMASA(RealAct).毬藻(信 狂楽団).N-ILL(信狂楽団). ICE BRAND(信狂楽団).菩薩(信狂楽団).乱&CA-T(BuzzAthlete).ヒメシ.NOA(word+store).TA-TI.MC 祐樹 (RESISTANCE).AYAa,k,a,PANDA


★★★★★☆☆☆☆☆


埼玉を中心に活動する空也MCの1stアルバム。2010年5月5日発売。

Silver&SevenCallors
」のように、あくまでHIPHOPの型に嵌った自己主張においては正統なラップスタイルを披露するが、次の「東京哀歌」でパーソナルなトピックにフォーカスするや否や、声は裏返り、フロウも先走り、ラップとして凄く不安定になる。「痛み」を歌うことにおいて、整然とポエティックな歌詞を上手く歌いあげるよりもずっと人間臭くて良い。そこにある種の個人次元でのどうしようもない世紀末感を感じ取ることが出来る。空也MCはよく「志人のフォロワー」みたいな評価を下されている気もする。しかし僕に言わせれば、志人がラップスキルの向上を目指した結果のフロウと声質であるのに対して、空也MCのラップは感情にラップが引きずられて完成しているという点で、その出自が全く異なる。両者のラップの近似(があると仮定するならば)はアクシデンタルなものでしかない。

そしてその点を指して、twitterで本作を「ヴィジュアル系のノリ」と評している方がいらっしゃったが、言い得て妙だ。感情がそのまま流れ出てラップを支配しているその頽廃感は、生々しく虚飾が無い故に人をかなり選ぶことも事実であろう。その自虐から発生する反骨精神が、180度回って逆説的でナルシズムな自己愛に転化している点も、本作において生々しさよりも気取った部分を強く感じ取り、拒絶反応を起こす方も少なからずいることと思う。

その不安定さ自体に空也MCのアイデンティティが存在するが、その不安定さが故に作品としてもかなり取っつき辛いことも否定出来ない。割り切ってひたすら「HIPHOP最高!!」とだけ仲間と叫び合う「Rock Steady
」みたいな曲の方にこそ自然と耳が行ってしまうのが何だか申し訳ないけれど、仕方ない。インディーズでしか発揮出来ない、完全な個人レベルでの音楽の可能性を秘めていることは間違いないとは思うけれど。

最後に。ラストの「
Majority Minority」に参加しているラッパーのスキルの低さが尋常じゃない。身内ノリを捨て切って、アルバムを自己投影した作品として成立させられるかどうか。これ以降のキャリアのためにはその辺の取捨選択は凄く重要だと思う。
web拍手
23:59 | 空也MC | comments(2) | -

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--