RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
MADE IN DOPE / BOMGROW


1.INTRO
2.BOM GROW
3.MADE IN DOPE
4.現状打破
5.hybrid 
6.ART SIDE feat. サラムライ 
7.SEASIDE BLUES
8.理想と現実 
9.HARD WORK  feat.BAKA DE GUESS? 
10.GETTIN' HIGH
11.SKIT
12.BOM GROW (remix)
13.南海LOVER


★★★★★★★☆☆☆

BOMGROWは大阪は泉州を拠点に活動する、Yosukeとhiroの2人組。2人がかつて所属していた、総勢7名ほどの大所帯クルー・RAGING RACINGが解散すると同時に結成された。本作は全国発売では初となる1stアルバム。2009年7月15日発売。


RAGING RACINGの頃のガヤガヤ感が削ぎ落された結果、シンプルな関西風味、その芯の部分だけが残った。Mr.FukusanとDJ A.Kが中心となったトラックから、ラップがはみ出し過ぎることなく、一歩引いて同化。華やかさこそないが、表面的で大味な装飾を拒絶した、味のある一枚だ。

特に「
SEASIDE BLUES」までの前半部分は、シンプルでブルージーな質感が素晴らしい。「BOMGROW」などの質感には先日書いたMONJU「Black de.ep」にも似たものを感じたが、あの作品の音が、レフジーをより温かく孤独にしてくれるものだったのに対し、BOMGROWの音とラップは、そのレフジー達を孤独にせず、温かく仲間に迎え入れるような雰囲気に感じた。人や街を冷酷に切り取ることを避ける、関西HIPHOPの匂いが、彼らにはやはり強く残っている。

特段盛り上がることも落ちることもなく、ただただ平坦なテンションで紡がれていく13曲にはHIPHOPを自己の美化、脚色化手段として使う向きなど微塵も無く、その素朴で明確なスタイルが聴かせてくれる。センセーショナルな物言いも、ドカンと一気に鼓膜をロックするサウンドもない。しかし大所帯のクルー体制から、志を共にする2人だけに絞りに絞ったそのHIPHOP体躯は、より身軽で、それでいてしなやかで強靭だ。


web拍手
00:04 | BOMGROW | comments(0) | -

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--