RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
SLOW BUT STEADY / GAGLE


1.Intro
2.Dooo Ya Thing!
3.Round'n'Round
4.コロナ&ライム feat.BONNIE PINK
5.Deliver Us feat.Mahito(skidaround)
6.ラップ狂ノ詩
7.Cabaret
8.GL-O-CAL(グローカル)
9.クーデタークラブ 
10. My Home feat.椎名純平
11.Snowflake
12.High Drama
13.Goin' My Way
14.Farewell feat.KGM
15.Slow But Steady

16.Love Note (Seoul City Remix)

★★★★★★★★★


GAGLEの4thフルアルバム。2009年9月16日発売。

GAGLEは相変わらず凄いグループだ。彼らが認知されたのがDABO「徒然草」でのHUNGERのひょうきんな暴れっぷりだったこともあり、1stアルバム「
3 Men On Wax」のときは、そこに惹かれたリスナーを多分に意識してHUNGERのラップも破天荒な向きが強かったが、その後の作品ではより落ち着き払った、それでいて成長を感じさせるラップを聴かせてくれている。ビートを自由帳に落書きするように好き勝手な作業場にしていた1stの頃から、ビートにきっちり合わせ、音から不必要にはみ出ないラップへ。

そう歩み続けて、本作。ラップの瞬発力という意味では以前より落ちるが、ラップと音の双方をきっちり立てることに成功し、グループとしての成熟度は更に上がった。なお、HUNGERのラップスタイルの変化がスキルの劣化ではないことは、「
ラップ狂ノ詩」を聴けば明らかだろう。前作「3 PEAT」では実験的な音を多く奏でたトラックメイカーのMITSU THE BEATSも、十八番のジャジーな色合いはもちろん、本作ではグルーヴィなソウルトラックでも魅せてくれる。

感傷的なピアノの使い方が抜群な「
コロナ&ライム」始め、作中に「君」を設定してストーリーを展開する曲がこれまでよりも意識的に多く配置されている。それによって決して手の届きそうにないアーティスティックなノリが先行しているわけでなく、リスナーに向き合い、恋を語り、悩む若者の手を引いてくれるその内容は、親しみやすさを失わない。自分達の到達した更なる高みをまざまざと見せつけながらもリスナーと同じ目線で語りかけてくれる嫌味の無さは、「屍を越えて」、「若き匠達へ」に続く「Farewell」での感動を何倍にも高めてくれる。またもや傑作。

PV-DoooYaThing! / Round'n'Round
web拍手
23:53 | GAGLE | comments(0) | -

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--