RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
GREEN ART / INSIDE WORKERS


1.LET'z GO
2.GREEN ART
3.SURVIVE
4.CRYSTAL HARMONY
5.IN DA CLUB
6.PROJECT
7.CRAZY( FRESH VIBE MIX)
8.CRAZY Pt.2 feat.茂千代
9.草案
10.攻撃重視(MAD5 REMIX)
11.RUNNAWAY
12.LIFE is LIVE
13.闇雲SUNRISE
14.ベイブルース大阪 feat.1LOW
15.PEOPLE GET UP(梟観光REMIX)
16.SMORKERZ DELIGHT(UP THA MIX)


★★★★★★★★☆☆

大阪を中心に活動を続けるINSIDE WORKERSは、ZIM BACK,SUPER-B,W-MOUTH,GASSの4MCと、主にトラックメイクを手掛けるDJ SOOMAによる5人組。 本作は2009年4月9日発売の2ndフルアルバム。

別作品に収録された「
IN DA CLUB」や「攻撃重視」が難なく作中に無理なく溶け込んでいるように、その作風は90年代のノリを引き継いだ、一徹の作り。大阪の風土にこうしたHIPHOPが良く合うのか、DESPERADOからの系譜を受け継ぐ一派だ。

そのDESPERADOから活動を続け、本作にも参加した茂千代との「
CRAZY Pt.2」など、DJ SOOMA以外の手によるトラックも入ってくる中盤でやや中だるみする感もある。ダーティワードを排除した肩の力を抜いたリリックと、反対に砂埃舞うトラックと決して華やかとは言えない職人気質のラップが生み出す、妙に人情臭い魅力も、大阪と言うシーンの中でもはや新鮮味は無い。しかし公式に自らのスタイルを押し込めるのではなく、あくまでも自らのスタイルが大阪という土地の中でこのスタイルに帰結したのであるというナチュラルな因果関係が、それでも聴いていて無理なく楽しませてくれる。

各曲のキャラ立ちという点でも通して聴くと何が何やらわからないくらいのワンマイクワンスタイルだが、アルバムにおけるヴァラエティというアーティスト性を捨てて、ひたすらに自らのスタイルを表現し続ける不器用で猪突猛進なマイクリレーにはニヤリとせずにはいられない。初っ端の「
LET'z GO」にピンとくれば良作、ピンとこなければ残りの15曲も苦行。そんな作品。

web拍手
23:07 | INSIDE WORKERS | comments(0) | -

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--