RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
赤マスク / ポチョムキン


1.Twist It
2.Money Back
3.弾丸のCORE 
4.T.I.P. 
5.ホームルーム~Skit~
6.Brand New Love
7 Umbo Umbo feat.コケシ職人a.k.a.真田人
8.スーパーマン☆ 
9.バンドやろうゼ!~Skit~ 
10.Ping Pong Pang
11.海月 
12.Black & Gold 
13.シャクムキン~Skit~ 
14.おてもやんサンバ feat.水前寺清子,MICKY RICH & ポチョムキン 

★★★★★★★☆☆☆


最近では真田人とのユニット・随喜と真田での活躍も記憶に新しい、ポチョムキンの1stフルアルバム。2009年11月18日発売。

ポチョムキンは本来、変態であるよりもその素顔は「頭の良い」ラッパーであると僕は思っている。その賢さを全曲できちんと理性で整頓してしまったのが、いくら変態ソングを歌っても今のように突き抜けたアブなさを感じなかった「リップサービス」の火力不足の理由でもある。その後「ゲンゴ・JETCOASTER」では「理性」に振り切ってみるが、やはり一般的な評価は芳しくなかった。そして理性で蓋をするのをやめて脳内暴走するに任せた餓鬼レンジャー・「UPPERJAM」が大ヒットすることにより、彼にはHIPHOP界のハーコーな有刺鉄線が張り巡らされた柵に小便をひっかける役目が期待されるようになった。しかしその後理性で管理するか、煩悩に任せるかのバランス取りがどんどん上手くなってきて、随喜と真田収録の「こんな人間になりたい」、「家族ゲーム」、そして特大の名曲「終わりの会」で、進化と評価の遅れた「理性」側も、遂に変態サイドのそれに追い付いた、と僕は思っている。

そしてラッパーとしてのバランス感覚をひとまず完成させた後の本作では、改めてとことん自分の感覚とノリに任せてみようという、一見すると完全に偶然と確率に掛けたようなアホノリスタンスが貫かれているように思える。しかしその裏に綿密に仕込まれたエンターテイメント性の高さに気付けば、やっぱり「巧い」「賢い」ラッパーなんだと実感。

生音も積極的に導入し、とことんダンサンブルに突き詰めた楽曲群はまず肉体を揺らし、その後繰り返し聴いていくうちに、散らかし切ったサウンド達の裏に潜む、センス溢れるフロウとリリックが姿を現し、聴き手の感性を揺らす。エッジの効いたファンク「Money Back
」や、ジャズファンクPing Pong Pang」、もう人選からテーマに至るまで何が何やらわからない「おてもやんサンバ」なんかの面白さはそこにあるんじゃないかと。

よりダメなノリを欲する聴き手に対しても、"
そうだろ?なぁPUNPEE、パン買ってこい"がオイシすぎるPUNPEE作のオリエンタル「T.I.P.
」や、この人をメジャーに呼んでやらせること自体がバンジージャンプな真田人参加の「Umbo Umbo」などをきちんと捻じ込んでくる。

掘り出すごとに発見のあるリリックや、箸休めさせてくれない圧倒的テンションで送るSKIT群("オーネノーンなんで〜"、"そこはァ!!マジみんなわかってほしいし〜"、"タンバリンじゃないね〜"には吹かせていただきました)など、そのサービス精神は尽きるところが無い。飛び抜けた曲こそ無いが、アルバム単位で聴くととことんに楽しませてくれる、自分語りだけじゃなくスピーカーの向こう側をきちんと見据えて作られた良心的なアルバム。完全に向井秀徳の領分に踏み込みながら流儀を貫いて見せた「Brand New Love
」も見事と言うしかない。本当に何でも出来る人になったなぁ。



web拍手
22:43 | ポチョムキン | comments(0) | -

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--