RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
X.L EXPAND&ELEVATE / DJ MICK


1.Intro#V
2.OVER DRIVERZ feat.BOY-ROY,心眼,MC CLASH DAV,和尚
3.EXPAND&ELEVATE feat.COOL M.B.,MC CLASH DAV
4.Intro#T
5.UNDERGROUND REVOLUTION feat.心眼,SHINO,ZUN 2
6.MVP SOL MC'S feat.MC CLASH DAV,和尚,COOL M.B.

★★★★★★★☆☆☆

DJ世界大会Vestax-Turntablist Extra Vaganzaにて、ターンテーブリストの地位を確立させた人物として日本人初の栄誉賞を受賞したらしい(全然知らんかった…)DJ MICKの1stミニアルバム。2001年2月21日発売。

西日本の隠れた良作。まるでDa Beatminerzのような、低音攻撃重視のラフな音を届けるDJ MICKの音が凄く良い。自身が率いるアーティスト集団・MVPのメンバーを中心に参加させた各曲も、これと言って内容は無いわ、参加ラッパー陣よりもDJ MICKの音の方が数段力強くて強烈だわで、ラップに重点を置いてよくよく聴いてみれば、そこまで秀でた作品では無い。しかしそれすら音の力でゴリ押して、リスナーに思わず「カッコ良い」と言わせてしまうゴリッゴリなトラックの重たさが病みつき。音量を上げれば上げるほどその魅力が引き出される。このラップを埋もれさせるほどのへヴィな鳴りは、近年の作品には欠乏しがちなトラックの暴走感を引き出していて、オシャレなジャジートラックよりも汗垂れ流しのドロドロボトムに狂喜する類の人間(ex.僕)にはこの上ない栄養分。

この作品での共演をきっかけに、のちに「重ねる積み木
」で知られるClip Crhymerzを結成することになる心眼とBOY-ROY(後のJO-G)の、「OVER DRIVERZ」での頑張りも二次的な評価しかさせない、音の大闊歩っぷりがしつこいようだが本当に気持ち良い。訛りまくったシャウトが唯一トラックに負けない個性を放っていた和尚は面白かった。逆にバイリンガルスタイルのMC CLASH DAVは、最後までどんなラップがしたいのか理解出来ず。

web拍手
13:09 | DJ MICK | comments(0) | -

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--