RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
Most Wanted / 22&GAZZILA


1.2 of Kansai'z most wanted
2.Most Wanted
3.Get a MIC
4.Orizinal Flo
5.Bang! Bang! Bang! feat.清水ユーエスケー
6.So Much Pain
7.We Don't Give A Fuck feat.PARYAN
8.破落戸~ナラズモノ~
9.How Many MC'z?
10.Mid Night Ride
11.I believe in my self
12.Week End
13.Homiez 2010ver.

★★★★★★★☆☆☆

22&GAZZILAの1stフルアルバム。2010年4月28日発売。

関西では希少なウエストコーストスタイルだが、このタイプにありがちな、洒落たトラックをダラダラと汚していく有象無象のガナリ声ラッパー達とは違う。音にガシガシラップを食い込ませてくる、ウェッサイスタイルにおけるヘヴィパンチャーの真打ち登場だ。

ガツガツ食い込んでくる2人のラップの特性から、平面的なウェッサイトラックを提供するAKIO BEATSとの曲よりも、バウンシーなビートを多く提示した774作の曲との方がレベルが高いものは多い。中でもタイトルチューン「Most Wanted」、清水ユーエスケーとの意外な相性の良さ(でもそう言えば、Wolf Packの1stからこういうバウンシーなの多かったですね)を見せつけた「Bang!Bang!Bang!」などは貫録の出来栄え。AKIO BEATS作でもGAZZILAソロの「How Many MC'z?」のような思いっきりメロウチューンに振り切ったものは、流石のクオリティだ。

2人とも前々からさしてリリックに幅があるわけではなく(GAZZILAは今回も安心の "I'm GAZZILA裏庭のハスラー" 率!!)、あくまでもフロウ捌きとしてのラップと、音との本能的な化学反応を楽しむ作品だ。そのリリックへの比重の軽さは、あくまでも伝統的なウェッサイスタイルから外れていない。そのため、へヴィなラップが支配する作品ではあるが、音との兼ね合わせもあって爽やかに流し聴ける作風になっているところに、この手のHIPHOPアクター特有の矜持を感じる。

そのためこれまでの作品と比べても何が新しくなっているわけでもないのだけれど、それでも同じことの繰り返しの中で一定の水準を保った作品、そしてラップを維持出来る体力は中々凄い。「Homiez 2010.ver」で22の渋味が更に増していたり、毎度挿入されるチルソングが、今回の「Week End」で顕著なレベルアップを果たしていることなどを鑑みるに、これからも揺るぐことなく一徹に己が道を突き進んでくれそうだ。


web拍手
16:11 | 22&GAZZILA | comments(0) | -
Still Full / 22&GAZZILA


1.We Back
2.Flow Rider
3.Luv my hood
4.We don't care feat遊戯
5.Street Life
6.One Day

★★★★★★★☆☆☆


韻踏合組合のHEADBANGERZ主導のクルー・HB FAMILIAに所属し活動を続ける22とGAZZILAの2MC。それぞれ22がLOWSTYLERZ、GAZZILAが音麻心の一員としても活動していた。本作は「
FULLSMOKE」以来となる2ndミニアルバム。2007年11月20日発売。

いや、本当にカッコ良い。関西出身としては珍しいバリバリのウェッサイ系の2人。その魅力はズバリ「メロディセンスの良さ」に尽きるだろう。ラフでロウな22と陽気なガナリ声のGAZZILA。一見陰陽の関係でバランスを保っているように見える両者は、「そんなラップなのにフロウがスムース」という共通項を持つ。あからさまな歌フロウに転じるわけでもなく、ましてやシンガーにHOOKを丸投げするわけでもなく。それでもそれぞれの曲には、ウェッサイらしい気持ち良い手触りが感じられ、確かなラップのカッコ良さも失われていない。

特にやたらに色っぽい22のラップには、この手のHIPHOPが苦手な方にも是非触れて欲しい。ローブロー連打のような要所での巧さの重ね掛けが魅力的な「
We Back」でのHOOKなんてセンス良すぎ。存在感のある声を聴かせるGAZZILAも、負けじとノリの良いHOOKを見せた「Flow Rider」を筆頭に申し分ない働きぶり。初めて彼らの声を聴いたのはHEADBANGERZの「HB FAMILIA」だったが、主役のHEADBANGERZやYOUTHを押しのけて一番目立っていたあの力量は本物だったと改めて感じた。

作品中にワックMC斬り、地元愛、決意表明、チルソング、そしてローライダーものとこの手のHIPHOPに必要な要素を全て仕込んではいるが、リリックでどうこう聴くタイプの作品では無い。それよりも、「
We don't care」でトリを務める遊戯の存在感が霞むほどの、純粋なラップスキルの高さにただただ圧倒されるべし。
web拍手
22:47 | 22&GAZZILA | comments(0) | -

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--