RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
ANTI-MACHINE-SYNDROME / DMR



1.DO ME ROGER!
2.DMR GO GO
3.GETTIN’HOTTTTT!!!!
4.抱かれたいメンズWEST
5.ROY'S TIME
6.MAKEAMOVE feat.DJ ITAO
7.夜の訪問者
8.高速VAMPIRE
9.雨に唄えば・・・
10.超ヤベェェ!!!!
11.DMR IS BACK 再び
12.RISINGHIGH feat.GRANDSLAM
13.DOPE MACARONI RAP
14.電車でGO!!
15.JT WAS A GOOD DAY
16.Da.Me.Reco.PARTY!!!



★★★★★★★★☆☆





ダメレコ旋風真っ最中に放たれたDMRの3rd(実質2nd)アルバム。「アルバム」という形にして音源を出すからにはほとんどの歌手はその作品全体の作り、統一された雰囲気というものを意識する。そういった中でかつてこれほどまでに「アルバムとして」の作りを無視した作品があっただろうか?圧倒的な一曲ごとの個性。曲それぞれが強烈な個性を放ちながら四方八方に暴れ回る。
あまりにも色の違う曲ばかりのためそれぞれのインパクトは凄まじく、一撃でその曲の印象が脳裏に焼き付けられる。そのためやろうとすれば全曲詳細解説すらできそうな作品なのだが、その中でもカッコ良さ、そして話題性という点でも抜きんでているのが「MAKEAMOVE feat.DJ ITAO」だ。これまでファンキーなイメージのあったDMRの面々が荒々しく猛る。メテオのTBHに対するdis、はなびのキックに対するdisがこの曲のトピックであろうが、そんなdis曲としての見地を抜きにしてもカッコ良い曲。KEN THE 390の珍しい毒々しさ漂うラップやダースの変にイキがらない背伸びなしのリリックも好印象だ。メテオの右脳大爆発な「夜の訪問者」やDMRの核弾頭、ROYのラップがインパクト大な「超ヤベェェ!!!!」、KEN THE 390の高速ラップが光る「DOPE MACARONI RAP」、耳にこびりついて離れない強烈なHOOKの「高速VAMPIRE」など、本当にそれぞれの曲が個性に溢れている。
アルバムとしての纏まりは皆無に等しく全体の雰囲気を重視する方には受け入れられないかもしれないが(そういう方には「とぐろ」の方をお薦めする)この多種多様な曲がごった返す雑然とした感じも嫌いではない。ただやはり統一感を無視しているためこの個性大爆発な曲達を最後まで聴き通すと多少の疲れがくるのも事実。でもやはり彼らの勢いそのままに詰め込んだそのガレージ感は圧倒的。その個性派ラッパー達によるオリジナリティ溢れる楽曲の闇鍋パーティーを存分に味わってください。超ファンキーな半端ないマイクリレー、「Da.Me.Reco.PARTY!!!」が「彼ら」を全部詰め込んだ腹いっぱいに満たしてくれる美味な雑炊です。
web拍手
14:24 | DMR | comments(0) | trackbacks(0)
とぐろ / DMR



1.和和和
2.DANGER MICROPHONE RANGER
3.OH! イチニサンシ
4.毒まむし輪舞曲
5.抱かれたいMENZラップfeat.COMA-CHI
6.NYフローfeat.カルデラビスタ
7.オーアタタタタpt feat.鎮座DOPENESS
8.韻先行feat.カルデラビスタ
9.怪奇!
10.引越しfeat.勉僧,GUINESS,シノミヤ,EAT,鎮座DOPENESS,未踏,WANS,DEFLO
11.鉄砲玉
12.ファブリースfeat.COMA-CHI
13.MIXTAPEANTHEM feat.DEFLO
14.ランランラン
15.早朝WALKfeat.COMA-CHI
16.CHIEFROCKA
17.GET BUSY YO!!


★★★★★★☆☆☆☆




これまでの明るいクレヨン色調とは明らかに異なるイカれたジャケット。客演陣にアングラシーンで活動する全国のラッパーを積極的に起用。ジャケの表裏を確認するだけでこれまでのDMR作品とは一線を画す事を予感させる4th(実質3rd)アルバムであるが、やはり内容もこれまでのパーティー的なノリから一気にダークなサウンドに傾倒している。ラッパー達も作品を重ねるごとに成長していき、特にはなびの最近の活躍ぶりは目を見張るほど。先のダメレコ・コンピでの仕事辺りから、りんごの頃の曲ごとのムラの大きさは消え、このアルバムでは完全に自身のスタイルを確立した。「和和和」での意外な正統派フローや「毒まむし輪舞曲」での得意の語り口調のラップまで、曲によって合わせられる巧さがついてきた。まぁ実質今回のアルバムの中核を成すこの二曲ははなびを抜きにしてもヤラれる事必至。
「オーアタタタタpt」での鎮座DOPENESSのイカレっぷりや全国のアングラ勢を起用した「引越し」での個人的に注目している鬼乃居ヌ間ニ鬼畜鉄道の勉僧の仕事も光る。そして今作の大穴がガスケンとインダラの「鉄砲玉」だ。これまで大した印象を持っていなかったガスケンがこれだけカッコ良く感じたのは初めて。
と、あちこちに聴き所はあるのだがアルバム全体としてはどうもこれまでよりこぢんまりした印象。今までの詰め込み風の作品群から脱却し、アルバム全体の作風は最もまとまっていて聴きやすいのだが、逆に一曲一曲の個性や爆発力は小さくなった。爆弾の火付け役であるDMRの三人のラップが今までより薄味なのも一因か。だがこういうアルバム全体としてまとまった作品がこれだけの大人数で作れるようになった事自体は、これからの彼らの更なる発展を予感させる。今までの好き放題やらかしてたダメレコが好きな方には多少の不満が残るかもしれないが、逆にこれまで敬遠していた方には最も入りやすい作品かもしれない。ファンク入道(ダース)によるトラックも曲を重ねるごとにあがっていき、このアルバムでは相当なレベルに達してます。ちなみに音質は大幅に改善。
web拍手
16:02 | DMR | comments(4) | trackbacks(0)

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--