RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
Who's the MAD SKILL!? / MIKRIS


1.SHOUT ME
2.SCREAM
3.LASTTIME AT CHURCH
4.ZOOM ZOOM feat DELI
5.MAD SKILL

★★★★★☆☆☆☆☆


DELIや千葉勢の諸作品への参加で知られ、現在はB.D.やKGE、JBMと共にBull Dawgsとしても活動を続けるMIKRISのデビューミニアルバム。2004年1月10日発売。

喉が潰れたような嗄れ声で呻く、日本のHIPHOP史においても異端のラッパーであるMIKRISだが、その声質に加え子音を飛ばしがちに読み上げるフロウが更にリリックを聴き取り辛くしている。自然と音としてラップを聴く姿勢にリスナーは移行することになるが、実際中身は特に大した事も言ってないし言えてもいないのでそのアプローチの仕方で正解だ。NITRO直系のサラブレッド型のラッパーであるがために、ラップの技術と曲の(主にリリック面での)ヴァラエティを両立するのがどうしようもなく苦手な人である。オルガンで荘厳な雰囲気を出そうとYAKKOが努力した「
LASTTIME AT CHURCH」のどっち付かず感は悲惨。

ただHIPHOPを聴きたいけど頭は使いたくないときに最適なタイプのラッパーでもあるので、5曲で18分弱という小振りな本作は手軽に手に取れる特性を備えてもいる(それならどうせ本家のNITRO辺りを聴いた方がいいんじゃ、という論にはここでは触れない)。特に秀でた曲があるわけでもないが、何かやっているようで別に何も試みていない、DELIとの「
ZOOM ZOOM」や名古屋っぽいシンセサウンドの「SCREAM」なんかは今までのリスナー暦で既視感ありありな曲調ながらも、それ自体としてはそこそこ聴かせる。

作品としては何もボムれていない凡作以外の何物でもないが、MIKRISの特徴を理解し、全曲に渡りラフなビートを提供しようとしてくれたYAKKOの苦心もあり、最後まで聴かせるだけの力はある作品ではある。やっぱりラップスタイルがソロでは諸刃の剣だなぁ。

SCREAM - PV
web拍手
22:22 | MIKRIS | comments(0) | -

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--