RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
Aquarius presents Dramatica / Aquarius



1.DELTA EXPRESS Pt.1 REMIX
2.DRAMA 4 vs 破壊FLOW
3.DRAMA12 vs MR.CHILLPEPPERSOUND'N' MIKRIS
4.BONUS BEATS #1 vs Unstoppable
5.DRAMA 6 vs MADSKILL MIKRIS
6.DARAMA 11 vs ANGLER FISH
7.BONUS BEATS #2 vs レッカノゴトク
8.DRAMA 9 vs チカチカ病院 feat.MIKRIS,MACKA-CHIN
 


★★★★☆☆☆☆☆☆

DELIの1stソロアルバム「
AQUARIUS」からミニアルバム「口車」、2ndアルバム「DELTA EXPRESS LIKE A ILLUSION」までにインストで収録されていた「DRAMA」シリーズ。計12作が存在するが、これはその「DRAMA」シリーズのうち幾つかにDELIを中心にラップを乗せたもの。クレジットも何も無いので不確かではあるが、恐らく2002年の発売。

アルバム中にあるインストを聴いていて「これならラップを乗せてもカッコいいのに」と思うことはよくあるわけで、こうした試みは凄く面白いことだと思う。(ただしYoutube等の発達に伴って一般人のマッシュアップが手軽に全国に発信出来るようになったことで、現在ではこうした試みは排他性を伴わなくなり、この頃よりもその価値が相対的に下がっているのは否定出来ない。)

作品としてみるとあくまでお遊び企画(それで1500円取るのも当時のNITROの勢いの証か)らしく、相当粗い出来。2~7曲目までは、全て3分以内の短尺曲。ラップも抑揚の付け方、リリックの一部は異なるリテイクながらもほとんどが過去の曲のヴァースの使いまわしだ。それがREMIXとして上手くハマっているのなら何の文句もないのだが、その組み合わせ方が実に荒っぽい。主役であるDELIのラップはNITROスタイルならではのフロウ、語感主義なわけで、そうした音としてのラップを楽しみつつ、その中から偶然化学反応を起こしたような奇天烈なリリックをパンチラインとして拾い集めるのが聴き方として正しい作法だ。しかしこの作品では「DRAMA」シリーズのビートに使い古しのラップを時にはテンポを変えて無理矢理詰め込んでいるので、音としてのラップの勢いは完全に無かったことになってしまっている。「
DRAMA 4 vs 破壊FLOW」では特にそれが顕著。

他にもあくまで気合を入れずに作っただらしない楽曲がのそのそと姿を現すばかりで、「お遊び企画」という言葉でフォロー出来ないくらい締まらない出来。XBS「
ELEGIACS -extra extra-」で提供したトラックの上で一応REMIXものとしての体裁が整っている「DELTA EXPRESS Pt.1 REMIX」と、DELIの人気曲「4 M.O.Y」の直前に収録されていた「DRAMA 12」の上でMIKRISがよく頑張った「DRAMA 12 vs MR.CHILLIPEPPERSOUND'N' MIKRIS」がかろうじて曲として成立したと言える。

ただ唯一新曲(?)として収録されたラストの「
DRAMA 9 vs チカチカ病院」はそれなりに良い。というかMACKA-CHINが良い。ヨゼフカッチョイーナとラッパー・MACKA-CHINが掛け合いをすれば、そりゃもうヒッチャカメッチャカだった。
web拍手
09:18 | Aquarius | comments(0) | -

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--