RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
The Mission / North Coast Bad Boyz


1. 狩り込む夜~Bigg Buddz Boyz~ 
2. D.E.A.R...  
3. ハイドローラーズ feat.EL-REY
4. ROOF ON FIRE
5. THE MEN WE LOST  
6. DIRTY NORTH HEAVEN

★★★★★☆☆☆☆☆

北海道出身の、まぁジャケット通りそっち系のグループであるNORTH COAST BAD BOYZが2006年1月11日に発表したミニアルバム。メンバーは定かではないが、HOKT,1-KYU,DAI-HARD,DAIS,SHUに、SPOCK名義でトラックも手掛けるS55の恐らく6MCから成るようだ。彼らの1stアルバム収録の「SAPPORO KRASSIC
」は発売された時からカッコ良いと思っていたし、いわゆるウェッサイ系のアーティストが集まったコンピ「GROOVE」でも、散々なレベルの楽曲が並ぶ中、彼らの「Badboy Please」が思いの他良かったので気になって今作を買ってみた。(余談だがこのコンピ収録のGDX「I'm Back」には、クレジットは無いがZEEBRAが参加してることはあまり知られてない。たぶん。)

ただ彼らに関してもスキルは決して高いとは言い難い。この手のグループでのスキルアベレージの低さはもうある程度事前に覚悟はしているのだけれど、そういうグループに限ってやたらスロウに流してメロディアスな楽曲を作ろうとして、結果大したことないスキルを露呈させてしまうという自爆技を用いるのは何故なのか。今作でも恐らくトラックを手掛けたLil'Jによるのであろうヴォコーダーだけ良い、聴き飽きた形式的ラブソングである「
D.E.A.R...」や、タイトルの割に結局何が言いたいんだかな「THE MEN WE LOST」のようなナンバーは、先のメンバー紹介での後半3人のラップが総じて酷いことになっている。

逆にオーソドックスなフロウのDAI-HARD、通りの良い声で前掛かりにスピットする1-KYUのラップはまだまだ伸びしろを感じさせる。それからスキル自体はそれほどではないものの、存在感という意味でHOKTは流石。「
ハイドローラーズ」では一人堂々とした佇まいで曲を支えていた。

とにかく似たり寄ったりなラブソングやらなんやらを変に入れちゃうよりは何も考えずにオラオラなスタイルを貫いてくれた方が全然聴ける。その勢いに乗って、アレなスキルもそれに準じた魅力を放ってくるし。チープなホーンとのっしりしたトラックがいかにもな感じで良い「
狩り込む夜」はその路線で今作唯一成功した曲だろう。何よりこの曲名がカッコ良くて好きだが、ラップにしてもやっぱ上手い1-KYUを筆頭に好き勝手大暴れ。こういう曲の方がずっと自分達のスタイルに合ってるし、彼らを支持するリスナーもこういうのを望んでるんだろう。でも最近の作品を見ると、どうやらラブソングやらなんやらの方向性に目覚めてしまったようで……まぁ、ね…。

追記:
書き忘れてたけど、Kazuyuki Okamotoの手掛けるジャケットやブックレットの写真が良い。
滅茶苦茶エフェクトかけてメタリックな質感を醸す写真がかなり特徴的で印象に残る。
DAI-HARDのソロ作品や、買ってないHOKTのソロ作品もジャケットを見ただけで彼の手によるものであろうとわかる。
地味にNorth Coast Bad Boyz関係者の中で最も手放しちゃいけない人なのでは??
 
web拍手
09:44 | North Coast Bad Boyz | comments(0) | -

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--