RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
極東エリア / 般若



01. 極東エリア(烈VERSION)
02. 野武士の拳
03. 大きい赤ちゃん



★★★★★★☆☆☆☆




妄走族の一番鬼こと般若の初ソロとなる作品。般若といえば型破りな変幻自在のフロウ、過激な歌詞で人気を集めるMCだが、このシングルにおいてもそのスタンスは健在。全三曲奔放なフロウで過激なリリックを振り廻し暴れまわる。むしろインディーズ作品であるぶん歌詞の過激さは現在よりも凄まじく、三曲全てでメジャーなら発禁になってもおかしくないような歌詞が飛び出す。しかし現在の般若を聴き慣れた僕にとってこの頃の般若のフロウはあまり受け付けないというのが正直な感想。フロウ自体は確実に今の方が遥かにうまい。この頃のフロウは勢いはあるが前のめりすぎていまいちせわしなく落ち着かない印象。これは僕が飛びぬけて般若が好きなわけではないから抱く感想なのかもしれないが、全体的に今の般若よりリリックの過激さを除いては及ぶところはないように思える。
と、ここまでは批判的に書いたが、曲はどれも一定のラインを保った良曲が並び、なんだかんだ言ってもやっぱり魅せてくれる部分も多い。般若に興味のある方なら聴いて損はないと思う。個人的には今の般若とのギャップに違和感を覚えてあまり褒めちぎる気にはなれなかったが。そんなわけで評判の妄走族の1stアルバム「君臨」もそんなに好きじゃなかったり。まぁ今回のレビューに関してはいつも以上に当てにならないかもしれないので実際に聴いて判断してみてください。お薦めは表題曲でもある「極東エリア」。プロデュースはGAS CRACKERZ、2000年2月の作品。
web拍手
15:29 | 般若 | comments(4) | trackbacks(0)

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--