RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
路上の太陽 / JUN-GMC
 

1.RISING SUN 
2.ええじゃないか feat.KOOZI & 烏龍,姫 
3.行きずり 
4.吾輩は猫である 
5.世のため人のため 
6.断罪 
7.青春旅行 
8.感謝 feat.三善善三,K ダブ シャイン 
9.太陽の町 

★★★★★★☆☆☆☆

ここ数年での客演におけるその手堅いライミングで一気に名を挙げてきたJUN-G。遂に届いたこのファーストミニでは注目を集めてきた韻そのものよりも幅広いトピックと実験的な音作りに重点を置き、言葉遊びだけではないソロマイカーとしての見事な立ち回りを見せてくれている。曲毎に明確な主題を打ち立てて、それが恋愛(?)であろうと政治であろうと感情先行で好き放題に目一杯叫ぶ様は単純に聴いてて気持ちが良いし、そこにこそ今作の楽しみがあるように思う。若さっていいですね。まぁそうなるとセンチメンタルな
太陽の町なんかでは矢継ぎ早に繰り出される韻が逆に煩わしくなったりする時もあったりするんだけれど。曲の雰囲気は好きなだけにもうちょっと落ち着いて聴きたかった。だがストーリーテラーぶりを見せつける「我輩は猫である」や和製パーティーチューン「ええじゃないか」では、一転してその押韻技術が「フロウにリズムを持たせる」という韻本来の役割を存分に引き出していて、緩急のついたラップが最後まで飽きずに聴かせてくれる。技巧派MCにありがちな地味でコンパクトな作品になってはいるが、裏を返せば燻し銀でストイックに技量を見せつけた作品であるのも事実。最早高みに達した感もあるおける韻の名匠、三善&K DUBとの競演も普通に良かったりするし(流石に食われまくって跡形もなくなっちゃってるけど)、まぁ挨拶代わりの作品としてはそれなりに器量を示せたんじゃないでしょうか。

web拍手
17:59 | JUN-G | comments(0) | -

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--