RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
0 (ゼロ) / タイプライター
 


1.プラチナダイヤ 
2.星の数 
3.噂通り 
4.MICロ波 feat. SIMON 
5.それだけ 
6.最後には 
7.おかしな奴ら feat. BACHLOGIC 
8.間違いねぇ feat. DEN 
9.ない!! feat. STCKY, JASHWON 
10.東西南北360 feat. HABISCREAM 
11.ふざけんな 
12.誰がやばいか? feat. DAIGO, SAYTO Z 
13.今日明日明後日 
14.特殊MIC部隊 feat.RINO LATINA II, ZEEBRA, DABO

★★★★★★☆☆☆☆

日本語ラップ創成期から精力的に活動を続けるタイプライターが2008年10月8日に発売した、1st(だよね?)アルバム。トラックメイカーとして語られることの多い彼ですが、有名所では四街道ネイチャーの「惨事
」や"黒"としての活動など、ラッパーとしてのキャリアも長いんですよね。そんなわけで今回のアルバムはゲストも満遍なく配置しつつ、メインに据えているのはあくまでも自らのラップ。何の制限もなくリリックを書こうとすると今まで客演で散々披露してきたセルフボースティングに特化したものになるのは目に見えているので、アルバムとして目新しさを加えるためにも曲ごとのテーマを明確に定めて様々なトピックで攻めています。

ただそういう意味での面白みは確かにあって楽しめるんだけど、もう一歩踏み込んだリリックが欲しいところ。元々スキルフルなラップを披露するタイプじゃないので、せっかくこだわったはずのリリックにも今までどこかで聴いたフレーズが並ぶばかりでは、う〜んと首を捻るしかない。あと単純に、リリックに「マジで○○」「〜でさ」が多すぎ。前からだけど。そんなわけでどうしてもゲストが参加してる曲をサーチボタンで選びがちになります。HABと二人で和やかに「もしも…」を突き詰めていく「東西南北360
」なんかは普通に面白いと思う。他のゲスト曲に関してはこれまた可もなく不可もなくくらいなな感じでアレなんですが、大物3人が矢継ぎ早にキックしてあっという間に駆け抜ける快速チューン「特殊MIC部隊」が短めながらかなりカッコ良いのでもうなんでもいいや。

あと、タイプライターのラップには苦言を呈しましたが、インタビューによると全曲をアカイのS900とMC50で作ったらしく、トラックがこれまでよりサンプリングネタを丁寧に活かした作りになってたのでそっちに注目するともっと楽しめるかも??一昔前まで(例えばZEEBRAの「
Oh Yeah」とか)のあのカラオケみたいな安っぽい音ではなくなってるよ、というのはプラスポイントとしてきっちり書いておきます。
web拍手
10:53 | タイプライター | comments(0) | -

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--