RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
UNDA OVA / WORD SWINGAZ



1.INTRO...
2.UNDA OVA〜Psycho,Phunk,Rhyme〜
3.遊言導士〜Theme From Word Swingaz〜USHIMITSUDOKI MIX
4.Skit
5.一本のマイク〜Dat's MY Partna!!〜
6.万華鏡〜Innocent World〜PART2
7.Skit
8.GO FOR GET IT〜Catch a “BIG ONE”〜


★★★★★★★★★☆




尼崎市在住の僕からして、大阪のHIPHOPシーンの立役者を語るときに避けて通れないシーンから絶大な尊敬を受ける二つのグループがある。一つは勿論脱線3、そしてもう一つがRYW(現RY-DOUBLE)とMISTA O.K.Iから成るこのWORD SWINGAZだ。FUTURE SHOCKに所属していた事もあったがこのミニアルバムはそれ以前に出されたもの。そしてFUTURE SHOCKの頃の音源を聴いて思った方も多いだろうが、とにかくWORD SWINGAZのラップはねちっこいのだ。僕自身正直最初に聴いた時は「これのどこがいいんだ?」と全く理解できなかった。しかし何度も何度も聴き続けていくうちにどんどんハマっていく。いつの間にか彼らの音源を更に求めるようになっているのだ。とんでもない中毒性を持ったグループで、一度ハマるとズルズルと彼らの世界に引きずり込まれもう抜け出せなくなる。
このミニアルバムはそんな言葉振り廻すナニワの遊言導士二人の魅力が凝縮された名作だ。また、DJCELORYが全トラックを担当し、アッパーチューンから幻想的でメロウな曲まで彼らの力を最大限引き出している。「遊言導士」は二人の濃すぎるマイクパスの応酬で、ねちっこさ十分。この二人のラップが苦手な人でも比較的楽しみやすいであろうアゲアゲな「一本のマイク」や、繊細なトラックでは一転して詩的なリリックも繰り出す二人の幻想的な世界観が見事に反映された「万華鏡」や「GO FOR GET IT」など、彼らの様々な面が垣間見れる。しかしそんな中で最も名曲と感じたのが表題曲でもある「UNDA OVA」。シンプルなトラックの上で二人の強烈な個性溢れるラップが独自の世界を創りだしながら暴れまわる。はっきり言って最初はなんとも思わなかったが、聴くたびにその一言一句に惹きつけられていき今ではとてつもない魅力を帯びた曲となった。聴くたびに味が出てくる、ある意味最も彼ららしい名曲である。
はっきり言って派手さはない。数度聴いただけでは全く良さがわからないかもしれない。しかし数回聴いてわからなければ10回聴いて欲しい。それでも駄目なら20回…きっとその不思議な魅力に気づくはずだ。いつか彼らの他にはない独自のいぶし銀な良さに気づいたとき、なぜ彼らが今のシーンで尊敬を集めているのかが頭でなく、感覚で自然とわかるようになるだろう。その時にはきっとWORD SWINGAZの二人の、更なる音源を探し始めているに違いない。是非彼らの中毒性にどっぷり漬かってもらいたい。僕もこの麻薬に漬かりきってしまったジャンキーの一人だ。
web拍手
15:11 | WORD SWINGAZ | comments(2) | trackbacks(0)

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--