RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
MASTERPIECE / ラッパ我リヤ
 

1.こいつがウワサのTOKYO産 
2.始まりの合図 
3.ヤバスギルスキルNo.9 feat. satoshi(山嵐)、Yooco  
4.届くまで feat.Bamrainsidaz(ARK&SKIPP) 
5.愛と夢と 
6.My Girl 
7.Get It How I Live 
8.Gariya Is Back! 
9.ULTRASUPERSTAR feat.JESSE(RIZE) 
10.MORIAGARU 
11.HEY! HEY! HEY! feat.Minesin-hold 
12.Music Is My Life
 


★★★★★★★★★


以前にもレビューしたこのアルバムですが、自分の中で余りにも尻上がりに評価が上がっていくので丸々再レビューです(前回の記事もそのまま残してあります)。

相変わらず苦手な最初の二曲(この二曲が良ければ満点でも良かったかもしれないくらい)と、これからのレビュー内容とは独立した別の文脈で理解されるべき「
ヤバスギルスキルNo.9」に関しては以前のレビューと同じ感想なのでそちらに譲ることに。

で、評価が上がった一番の理由は、大きく変化した彼らのラップと、アルバムの大半の曲を手掛けたJ☆STILLTONによるサウス基調のトラックとの間の化学反応を理解できるようになったことだろう。ここには今まで見てきたひたすらに男臭いラッパ我リヤはいない。この作品で目指したのは今までと違うグルーヴ感だ。喜怒哀楽を、リリックではなくラップのフロウと声で表現できる段階にまで到達したQと、あのフロウのまんま大半の曲でオートチューンを用いてホゲる山田マン。「土臭い、男臭い」という言葉でしか語られなかったこれまでの作品とは基底から異なる。つまり前述した変化を見せるラップにミニマムな公式でエモーショナルなメロディの構築を目指すトラックが乗ることによって、最高にヨレたリズム感と最高にヨレたグルーヴ感を生みだしているのだ。これまでの泥まみれの音と、唾と汗が入り混じるラップがぶん殴り合いながら握手を交わしているようなグルーヴ感とは、真逆とは言わないまでも明らかに方向性を異にするものだ。

そしてこの点に順応し、理解出来たリスナーから順にこの作品への評価は上がっていくというわけ。特にその総和のレベルが高い「
届くまで」、「愛と夢と」、「My Girl」の三曲の素晴らしさについては以前の記事で一応も言及する事が出来ていたのがせめてもの救い。中でも「My Girl」のキーボードとQの歌が奏でるメロディの秀逸さは万人に語って回りたいくらい。あの深みのある音世界と絡む重厚なグルーヴ感なんて、今の日本のHIPHOPで他に出せる人いるの??ってレベル。

尻上がりにテンションを上げていく「
Get It How I Live」や「Gariya Is Back!」などの攻撃的なナンバーも曲のタイプが異なるだけで積み重ねられている公式は同じため、耳が慣れるにつれ眩いばかりの魅力を放つ。馴染みやすいメロディラインがあるぶん先の三曲の方が琴線に触れるのが早かった、ただそれだけのことだったのだ。

その後続くパーティチューンからラストを締めくくる「
Music Is My Life」まで、目指すところは同じで同様の楽しみ方でイケる。「Music Is My Life」なんてここまで書いてきた変化要素が最も具体的に詰まってる曲で、つまりは名曲だ。Qの泣きフロウの巧さにただただ唸るばかり。

こうして表面上の音の変化以上のコンセプトが明らかに設定されているのに、発売後間もなくあんな考えなしのレビューをしたことは本当に反省したい。自分の耳なんてまだまだクソみたいなもんだ。ともあれこうした諸条件に慣れれば(もしくは単純に元からサウストラックに免疫があるならば)とんでもない名盤として、数年聴き続けられる。前回貶しといて何ですが、もっと騒がれていいアルバム。我リヤ信者だからなんて関係なく、今のところ2009年のベストに位置づけられるスーパースルメグルーヴアルバム。…なんて適当なまとめ方!!
web拍手
21:55 | ラッパ我リヤ | comments(0) | -
MASTERPIECE / ラッパ我リヤ


1.こいつがウワサのTOKYO産
2.始まりの合図
3.ヤバスギルスキルNo.9 feat. satoshi(山嵐)、Yooco 
4.届くまで feat.Bamrainsidaz (Skipp&Ark)
5.愛と夢と
6.My Girl
7.Get It How I Live
8.Gariya Is Back!
9.ULTRASUPERSTAR feat.JESSE(RIZE)
10.MORIAGARU
11.HEY! HEY! HEY! feat.Minesin-hold
12.Music Is My Life


★★★★★★★★☆☆


遂に届いた7作目は、6thからの二年半の間に彼らが影響を受けた音楽がそのままアウトプットされた作品に。大別すると南部の音寄りにシフトした今作主力参加となったトラックメイカーJ☆STILLTON&山田マンと、Aggressive DogsやRIZEとの親交も深いためかロック的アプローチのクラップトラックを提供し、HOOKでは歌もふんだんに披露するQとの二つに分けられます。5th、6thで目覚ましい成長を遂げたTOSHIは、今作はスクラッチのみの参加に。しかしその理由も納得というか、前作までのTOSHIの音は今作には必要とされません。なぜってとにかくサウスノリの影響が凄まじく、山田氏とQが半数以上でオートチューンを使用し、トラックもクランクであったりCash Money Records系のポコポコしたサウンドがその多くを占めてるから。この点がこれまでの我リヤとは全く異なる点。このサウスノリが影響し、これまでのようなファンクネスなトラックは無くなり、ラップもビートに丁寧に刻んでいくのっそりしたテンポに。日本のベテラングループがここまで冒険した作品って中々無かったしその冒険心は買いますが、このノリについてこれる旧来からのファンはそう多くないのでは。
ただこうした影響を受けずに最も輝いているのが、「ヤバスギルスキルNo.9」。短く切ったギターサンプルとクラップビートが気持ち良いトラック上で、何よりHOOKを担うYOOCOの歌声がキてます。シリーズ中でも上位に入る力作。そして今作ではオートチューンがガッチリハマった「届くまで」や、ソロアルバムでも見せた歌声がいい味を出している「愛と夢と」と「MY GIRL」など、Qが相変わらず頑張ってます。特に「愛と夢と」は、、「ヤバスギルスキルNo.9」と並んでこれまでの名曲と十分渡り合える出来。一方山田マンは中途半端なオートチューンがコミカルさもお経フロウもうさんくさくしてしまって、パッとした働きはほとんど無し。前作での獅子奮迅の活躍っぷりからここまで凋落したのも凄い。
各曲一定の水準を保っているものの、こうした山田マンのまたブッ飛んだ変化もあって、それ以上のレベルには達せなかった曲ばかり。前述の曲と、YOOCO作のテクノトラックのパーティーチューン「MORIAGARU」が面白い感じかな。これからのアンセムとなる「Gariya Is Back!」が最もサウスノリに徹していたことを思えば、彼らの掲げる第二章とはこの路線なのかな。正直不安。

追記:って書いたけど、このアルバム後効き感が半端ないです。これは5thには及ばずとも、6thに並ぶくらいの作品かも。
web拍手
00:55 | ラッパ我リヤ | comments(5) | -
SUPER HARD / ラッパ我リヤ


1.イントロ
2.yeahと言え!
3.ニセモノセイバツ
4.金
5.邦楽界
6.ヤバスギルスキル・パート3 feat.ARK
7.人間太鼓箱
8.中トロ
9.時間
10.交通警報
11.R.G.力学
12.LOVE SONG
13.もし俺が
14.言葉あそび feat.三善善三
15.走馬党 feat.走馬党
16.アウトロ


★★★★★★★☆☆☆

黄金期とされる90年代の日本語ラップが、今聴き直すと非常にダイナミックな作りである事に気付く。ZEEBRAの1stやペイジャーの諸作品(新作除く)なんかは、アメリカのHIPHOPフォーマットをそのまま持ってきて、さぁ物語の舞台を日本に変えるだけでその上でお手本のようなHIPHOPを成し遂げようじゃないか、なんていう豪快な力技で成立している。その頭でっかちな積み木の家みたいなギリギリのバランスがとんでもなくスリリングなわけ。それを考えると、今の「日本独自の道を探そう」なんて主張が僕には砕ける気概の無い逃げの姿勢にしか映らないわけだけど、要するにそんな集団意識下で「いいじゃんそれ使うけどあとは好き勝手やろうぜ!!」みたいなグループが出たらどうなるのか。その答えが登場した頃はモロホラーコア、後にアホノリダンススタイルの時期もあり特濃男汁も撒き散らす、このラッパ我リヤだったんだ、たぶん。果たしてその時彼らは異端児だったのか??

なんて話は長すぎるからまた別の機会に書く事にして。そうした状況・姿勢で挑んだ結果がこのユニークな1stだったんですよ。トラックのレベルがそう高いわけじゃないんだけど、それ以上にラップで立てて雰囲気を出した一枚。今作でテーマをこれ以上ないくらい限定化することでリリックに遊び心を持たせる事に成功し、彼らの作品はこのスタンスを現在に至るまで忠実に貫く事に。「時間」なんかはトラックの質も高くて今でも楽しめますね。

やっぱりトラックがシンプルすぎて、我リヤ作品の中では正直特に好みの作品ではなかったりします。「言葉遊び」なんかは完全にラップで持った曲だし。だけどそれ以上に、しかめ面でふざけるスタイルを確立できたことこそが今作の成果。恐らくは満場一致でARKの生涯ベストワークと評される「ヤバスギルスキル・パート3」以外そこまで好きな曲はあんまりないけど、文化財的な価値のある一枚。
web拍手
07:41 | ラッパ我リヤ | comments(0) | -
REMIX伝説 / ラッパ我リヤ


1.イントロ〔Remixed by MAN 山田〕
2.Check 1,2〔Remixed by DJ CELORY]
3.和ILL道スタイルfeat.MACCHO〔Remixed by DJ TOMO〕
4.新時代〔Remixed by INOVADER〕
5.代理人feat.BUTCHER〔Remixed by SLY & ROBBIE〕
6.ヤバスギルスキル Part 4〔Remixed by DJ YAS〕
7.Do the GARIYA Dub〔Remixed by APACH TANAKA〕




★★★★★★★★☆☆


どうも。久しぶりに走馬党信者として教祖様を崇めさせて頂きますよ。大ヒットアルバム「ラッパ我リヤ伝説」収録曲からのリミックス集ですが、走馬党最盛期だけあってこのアルバムも素晴らしい作品に仕上がってます。正直言って当時の走馬党のトラックメイカーズが作るトラックといえばファンからしても安定して高水準を保っているとは言えず、猛り吼えるラップとのアンバランスさがどうしようもなく歯痒かったりもしたわけです。そういう意味で国内トッププロデューサーが丸ごとリフォームしてくれるこの盤のありがたさと言ったら!!しかも曲チョイスもドープ。SLY&ROBBIEとかせっかくの登場やのに「代理人」とか選ぶなや…。他にも山田さんが森山周一郎御大の声をトチ狂ったようにいじくり回す「イントロ」や、「遂に作品の前線に登場した!!」と思ったら人気曲でDubりまくってアルバムを締めちゃうAPACHE TANAKA氏などなどメジャーでやりたい放題。とは言ってもガッツリカマすところではカマしてくれてます。というか純リミックス曲は全曲お勧めできるくらい。16ビートでトばしてく「Check 1,2」に、原曲トラックのキリキリ感が苦手だったオレにはたまらない純HIPHOP仕様に切り替わったINOVADER作の「新時代」、ほぼ低音域だけで構成されたDJ YAS作の「ヤバスギルスキルPart.4」まで全て高レベル。特に「ヤバスギルスキルPart.4」はDJ YASの手腕が存分に発揮された佳曲。けだるそうに唸るベースラインが癖になる激渋リミックスです。そしてなんといっても今作目玉は「和ILL道スタイル」!!もうこれしかないでしょう!!原曲ののっそり感を打ち払うTOMOのトラックは彼の仕事の中でもベスト5に入るんじゃないでしょうか??西系サウンドに当時の日本のメインストリームの音を掛け合わせたようないなたい音が最高すぎる。そこに乗る山田氏とMACCHOのラップも原曲とは別もんかと思うほど活き活きしてます。更にリリックを全て入れ替えて、ラストで高速ラッピンをブチかますQのヴァースでこの曲は一気にクラシックの領域へ。もうQファンのオレですが、ここではっきり断言しましょう。この一曲が、今までのQの参加作品通して彼のベストワークです。そんなわけで複雑な気持ちながら中古屋で安価で出回ってる作品ですし、この一曲をまだ聴いてないリスナーは今すぐ買いに走るべし。
web拍手
11:38 | ラッパ我リヤ | comments(0) | trackbacks(0)
RG A.I.R.4TH / ラッパ我リヤ



1.INTRO
2.RG A.I.R.4TH
3.Enter the 我〜燃えよ!我リヤ〜Featuring samples from the Lalo Schifrin recording
4.KANPAIfeat.UZI
5.Funky High
6.ヤバスギルスキルpt.6feat.BOSS THE MC
7.こんなもんでも充実
8.Peace to…
9.HONBAN 2003 REMIXfeat.AKTION,MINESHIN-HOLD
10.理想のライン
11.笑わすな
12.あやまち
13.Hardcore feat.般若
14.Back to the Basic feat.SOUL SCREAM
15.NORINA


★★★★★★☆☆☆☆




ラッパ我リヤの結成10周年の節目に作られた4thアルバム。10周年に合わせて作ったという事でトラックメイカー陣もほとんど外部から、これまでの作品で最も豪華な客演陣と記念式典的なノリの作品となっている。曲もバリバリのハードコアよりも気楽なパーティーソング的なものが大半。また、伝説的不評だったひんまがりフロウの山田マンがアルバム丸々一枚拝めるそんなに有り難くない仕様を誇るアルバムでもある。そんな様々な理由から、走馬党ファンからは駄作として黒歴史扱いされる事も少なくない。それでも逆に言えば今までの我リヤのようなとっつき辛さが漂っていない為、聴きやすいのも事実。中でも「あやまち」と「Back to the Basic feat.SOUL SCREAM」は頭一つ抜き出た曲だろう。「あやまち」で真摯なメッセージを投げかけながらも「やっぱりテポドンよりエロ本」とパンチラインを繰り出す山田マンはさすがだし、「Back to the Basic」ではSOULSCREAMの二人が技巧派フロウで楽曲を支配。シンプルなトラックでのベテラン達のラップ合戦だが、E.G.G.MANとHAB I SCREAMのラストの締め方が段違いにカッコ良い。他にもBOSSを迎え注目を集めた「ヤバスギルスキルpt.6」、般若のキレっぷりが光る「Hardcore」なども中々の出来。しかしどうしてもラッパ我リヤらしさがなく全体に軽い雰囲気が漂う。振り返ってみれば我リヤのラップが最も印象が薄かったり。そんなわけで作品全体としては皮肉にも独特の「男らしさ」が感じられず聴きやすくなったわけだけど、ただあくまで聴きやすい「だけ」なのでご注意を。まぁそれなりに楽しめはするが過度の期待は禁物。あとラストに「NORINA」を入れるのは曲順的にも出来的にも蛇足。B-BOY PARKのテーマソングだから特別扱いなのか?
web拍手
16:46 | ラッパ我リヤ | comments(6) | trackbacks(0)
RAPPAGARIYA /ラッパ我リヤ


1. ブチcom.
2. FIRE!!!
3. STAR LINK feat.CRYSTAL
4. BIG PARTY
5. 我リヤイズム
6. ヤバスギルスキル Part 7 feat.DABO
7. 頭ふれ
8. NO WAR
9. SKIT
10. R指定 feat.RINO LATINA II
11. 夢だったのね
12. 弱肉強食
13. JAPANESE DANCE feat.Akeey,MINESIN−HOLD
14. 王座
15. FOR LIFE feat.ARK,PAULEY,三善/善三,Akeey,MINESHIN−HOLD,SKIPP




★★★★★★★★★★


3rd、4thでの汚名を完全に返上した、走馬党の歴史に残る大傑作。自らの名前をタイトルに持ってきた所からもこのアルバムに対する自信が伺えるが、実際に聴けばその自信も持って当然のものに感じられる。一曲目の「ブチcom.」から彼らの真骨頂。このシンプル極まりないビートでここまで聴かせられるラッパーはそういないだろう。もっとも長く聴けるスーパースルメ曲。そして「我リヤイズム」、「ヤバスギルスキル Part 7feat.DABO」、「頭ふれ」の中盤の流れが今作最大の魅せ場。「我リヤイズム」は二人の速いラップがカッコ良すぎる曲。シンプルで小気味良いフックの出来も素晴らしい,彼らの代表作となり得る一曲。そして伝統的なシリーズ物となったシリーズ七作目は、DJ TOSHIが彼の歴史上ベストトラックを弾き出した。当時のマンネリ感を吹き飛ばすDABOのキレっぷりだって強烈。Qの相変わらずガチガチのハーコーライミングも冴え、ヤバスギルスキルシリーズ中でも最高級の出来となった。奥行きのある音質が素晴らしい「STAR LINK feat.CRYSTAL」はCRYSTALを迎えてのラガティックセッションながら聴き応えがあるし、走馬党+αによる「FOR LIFE」も序盤の人気MC三人のリレーがノっている。2曲参加のAkeeyがお世辞にもカッコ良い仕事をしているとは言い難いが、それらを補って余りある我リヤの力強さ、男臭さ。原点回帰的な強烈な彼らのハードコアを感じてほしいと思う。純粋なカッコよさという点では間違いなく2005年1だと断言しておこう。この男臭さ、オリジナリティ。
これがラッパ我リヤってもんですよ!!
web拍手
09:19 | ラッパ我リヤ | comments(12) | trackbacks(0)
NO HIPHOP NO LIFE / ラッパ我リヤ



1.INTRO(発射)
2.UNDERGROUND SOLDIER
3.ヤバスギルスキルPart.8 feat.TOMI-E、魔梵、MC仁義
4.NO HIPHOP NO LIFE
5.SWING IT NOW SING IT NOW
6.未来
7.SKIT
8.WE ARE SOHMATOH feat.三善/善三、SKIPP、PAULEY、ARK、MINESIN-HOLD
9.MONEY AND THE POWER(金と力)
10.COMIN’AT YA
11.HUMAN BEATBOX feat.太華(MSC/ケルベロス/東京過呼吸倶楽部)
12.LIFE IS ONE TIME
13.VIBES KING
14.HOLIDAY 韻 feat.MINESIN-HOLD
15WALK ON feat.ARK



★★★★★★★★☆☆




10年選手としてシーンの最前線に立ち続けてきた彼らが紆余曲折の末捻り出したひとつのメッセージ「NO HIPHOP NO LIFE」。今までの5枚のアルバムで様々なスタイルを試みてきて賛否両論を浴び、人気も最盛期に比べて格段に落ち、それでも一本気な「漢」としてのスタイルは頑なに貫いて来た彼らが冠するからこそこの直球すぎるタイトルにも重みが生まれる。結局人気が落ちようがどれだけスタイルを変えようが辿りついた所はこれだったのだろう。内容は走馬党ファンを歓喜させた名作である前作「RAPPAGARIYA」の硬派なハードコアなスタイルを踏襲。そしてそこに一般リスナーでも問題なく聴ける程の聴き易さが加味された。これはやはりタイトルにのっとってメッセージ性の強い曲が多くを占めた事、そしてそれによりトラックも土臭いものが少なくなった事などが挙げられる。そして何より声を大にして言いたいのが他でもない我リヤの3人の成長ぶりだ。前作でネクストレベルに到達したQとDJ TOSHIに続き、復調の兆しを見せていた山田マンが今作で完全復活。「SWING IT NOW SING IT NOW」や「MONEY AND THE POWER(金と力)」での高速お経フロウを聴いて1st、2ndを聴いてファンになったリスナーは諸手を挙げて歓喜した事だろう。更に「ヤバスギルスキルPart.8」でもラップもさることながら90年代を思わせる土臭く煙たいトラックを送り出しゲスト陣にうってつけのヴァイブスを提供。正直メインゲストのTOMI-Eより魔梵が目立っている感は否めないがそれなりの曲。そしてタイトル曲や「LIFE IS ONE TIME」、「WALK ON」などのメッセージ性の強い曲が総じて高い完成度を誇ることも忘れてはならない。前作からのハードコアなスタイルをそのまま残しつつも不必要な聴き辛さは格段に減った今作はSUPER HARDやラッパ我リヤ伝説、RAPPAGARIYAなどの名作群よりも初聴の方へ我リヤの入門作として強く薦めたいと思う。しかし3人の完全復活にARKやDJ TANAKENのワーカホリックぶり、加えて爆発力がハンパない「WE ARE SOHMATOH」でもまたもや感じられたMINESINの成長ぶり…。もしかしてここにきて走馬党始まった??
web拍手
16:33 | ラッパ我リヤ | comments(4) | trackbacks(0)

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--